カメラで使うレンズフィルターの選び方や種類!

カメラ

カメラで使うレンズフィルターは、種類が多くて何を買えばいいか迷ってませんか?

いきなり、PLフィルターやNDフィルターと言われても、ちょっとわかりませんよね。

この記事では、レンズフィルターについて簡単に説明していきます。

そもそもレンズフィルターとはどういったアイテムなのか

レンズフィルターとは、カメラのレンズ前面に取り付ける薄いレンズのようなもので、様々な種類のものがあります。

写真を撮る時は必ずしも条件が良いわけでなく、光の反射を抑えたり光量を減らしたいときがありますよね。

そのような場面で、レンズフィルターを使うことで、光の反射や明るすぎることなどの条件を良くすることが可能です。

レンズの口径に合ったレンズフィルターを選ぶことが大事です

カメラ使うレンズフィルターは、目的に合った効果があるものを選べばいいですが、サイズが合わないと装着することができません。

そのため、レンズの口径に合ったレンズフィルターを選ぶ必要があります。

レンズの口径は、前面などにΦ○○やΦ○○mmなどと表示されているので、それを確認した上で選ぶようにしましょう。

レンズによっては焦点距離として○○mmと書かれているものもあるので、間違えないようにしましょう。

ステップアップリングを使えばレンズフィルターの数を減らせます

レンズの本数だけレンズフィルターを買うと、フィルターの数が多くなるだけじゃなく費用も多くかかってしまいますよね。

そのような場合は、ステップアップリングを使うことで、レンズフィルターを使いまわしすることが可能になりますよ。

ステップアップリングを使う時は、一番口径が大きいレンズに合わせてレンズフィルターを選び、他のレンズにはステップアップリングを使って装着するようにしましょう。

ステップアップリングは、レンズ側の口径とフィルター側の口径が違うので、それぞれが合うものを選ぶのが大事です。

ステップアップリングは、小さい数字がレンズ側、大きい数字がフィルター側の口径になっています。

レンズフィルターの3つ種類と効果

写真を撮る時によく使われるレンズフィルターは、上記の3種類です。

それぞれ効果が違うので、しっかりと特徴を把握しておきましょう。

プロテクト(レンズ保護)フィルター

プロテクト(レンズ保護)フィルターは、レンズを傷から守るために使用します。

レンズのガラスがが直接ものに当たらないようにしてくれるので、万が一の時に衝撃を軽減してくれます。

プロテクトフィルターについては、こちらの記事を参考にしてください。

ND(減光)フィルター

ND(減光)フィルターは、レンズから入ってくる光の量を抑えてくれます。

これによって、シャッタースピードを遅くすることができます。

NDフィルターについては、こちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

PL(偏光)フィルター

PL(偏光)フィルターは、光の反射を抑えてくれたり、コントラストを高めてくれます。

これによって、被写体をはっきり写したり、余計な光の反射を取り除いてくれます。

PLフィルターについては、こちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

カメラで使うレンズフィルターの選び方と種類:まとめ

レンズフィルターには様々なものがありますが、レンズの口径にあったものを選ぶことが大切です。

これだけ覚えておけば、どのレンズフィルターを買っても、しっかりと装着することができます。

また、それぞれのレンズフィルターの特徴も把握して、撮影シーンに合わせて使い分けるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました