写真を撮る時に持っていると便利なレンズフード

カメラ

レンズフードって見た目がかっこよくなる以外に、何か機能ってあるの?

そう思っている人もいるんじゃないでしょうか?

実はレンズフードには見た目以外にも、ちゃんとした機能が備わっています。

ここではどんなふうに使うことができるのか紹介。

レンズフードとは

レンズの先端につける、筒状のもの。

先端の周りにはめ込むような感じで、花形や丸型、四角いものなどがある。

キットレンズとかだと付属していなかったりするが、あるととても便利。

レンズフードを付けることで得られるメリット

レンズフードは撮影時にメリットがあるので、それを把握しておこう。

ゴーストやフレアの発生を抑える

レンズフードを使う理由で一番多いものが、ゴーストやフレアの発生を抑えるため

ゴーストとは、光の玉のようなものが映り込むこと。
あえてゴーストを映すこともあるが、意図的でない限り写真の見た目を損なう。なので、写らないようにすることが一般的。

フレアは、写真の全体や一部が白っぽくもやがかかったようになることで、シャープさが失われた状態になる。

レンズフードは、これらの光の映り込みを抑制してくれるので、ゴーストやフレアが発生することを抑えることに役立つ。

レンズを傷がから守る

どんなに注意していても、誤ってレンズをぶつけてしまうことがある。

そんな時にレンズフードを付けていると、平面にぶつけたときに直接レンズの表面に当たるのを防げる

当然とがっている部分にぶつけたりすれば防ぐことはできないので、レンズ保護フィルターを着けておくことが大事。

防げるといっても、強い衝撃から守れるわけではないので、カメラは丁寧に扱うことが大切。

見た目が格好良くなる

レンズフードが付いていると、それだけで印象が変わってくる

見た目を気にする人は、レンズフードを着けていると格好いいのでおすすめ。

ガラスに反射した人や物などの映り込みを防ぐ

撮影するときは、車の中や展望台など、ガラス越しに撮ることもある。

ガラスには自分やその周辺のものなどが映り込んでいたりして、そのまま撮るとそれらが写ってしまう。

映り込みを抑制するには、ガラスにレンズを近づけて撮ることで対処できる。
その際、レンズだけで近づけてしまうとぶつけて傷つけてしまうことも。

ゴム製のレンズフードを付けることで、ガラスにピタッとつくっつけることができ簡単に抑制することができる。

通常のレンズフードを使うと窓などを傷つけたりする恐れがあるので、ガラスにピタッとつけたい時はゴム製のものを利用しましょう。

どんな物を選べばいいのか

基本は純正品を選択するの一択。

これは対応していないものを選んでしまうと、ケラレという現象が起こってしまうから。

ケラレは画面の端が欠けてしまう現象で、サイズの合っていないフードを使ったり、場合によってはフィルターを使っても起こる。

ケラレを発生させないためにも、純正品を選んでおけば安心です。

型番などがはっきりしている互換品であればいいですが、最初のうちは高くても純正品を買っておいた方が無難。

選ぶ目安としては、広角や標準ズームなら花形、望遠なら丸形が使われることが多い。

まとめ

レンズフードは、綺麗な写真を撮るときやレンズを守るためにも必要なもの。

しかし、必ずしも必要なわけではなく(僕は金がなくて買ってません)、撮影スタイルに合わせて必要なら揃えるようにしよう。

レンズフードもそれぞれのレンズに対応した規格がある。

購入する際はレンズに使えるかどうか、必ず確認して購入することが大事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました