パソコンが無線LANに対応してないなら、無線LANアダプタを使おう

家電

デスクトップパソコンを買うと、無線ランに対応していないことがあります。

僕のパソコンは中古で買ったのですが、無線LANには対応していませんでした。

そこで使った物が無線LANアダプタ。

カスタマイズできる人ならPCI Expressでマザーボードに挿せばいいですが、USBタイプなら挿せばいいので簡単です。

今回はそんな無線LANアダプタの選び方や使い方を紹介。

無線LANアダプタとは

無線通信機能がないパソコンに取り付けて、無線通信できるようにするもの。

選び方

選ぶ時は、大きさと規格を確認することが大事。

今回はUSBタイプのものの選び方。

大きさ

無線マウスのUSBレシーバー程度の大きさの物もあれば、それなりに出っ張ってるものもある。

小さいものは、ノートパソコンに挿しても邪魔にならない。

大きいものはデスクトップパソコンの、背面に挿しておくと目立たなくていい。

中にはアンテナが付いていて、場所を取るものもある。
そういった物は、デスクトップパソコン向けなんじゃないかなと思う。

規格

無線ランの規格には、11acや11nなどがある。

使っているルーターにもよるが、できるだけ新しい規格に対応しているものを選びたい。

11acに対応してるものであれば、その下の11nにも対応しているので、11acのものを選んでおけば大体大丈夫。

位置に注意しよう

無線LANアダプタを使って接続しても、接続が安定しないことがある。

ノートパソコンなら作業する場所を変えればいいが、デスクトップパソコンの場合は本体を置く場所を変えられないこともある。

そんな時におすすめの方法が、USBケーブルタイプAオス‐タイプBメスを使うこと。

USBケーブル分だけ無線LANルーターの近くにアダプタを近づけられるので、ある程度の受信感度の向上に役立つ。

実際僕も使っていたが、多少動かすだけも変わる。

でもより安定させたいのなら、無線LANルーターの位置を考え直す方がいい。

こっちの方が確実に良くなる。

デスクトップパソコンであれば、ルーターの位置を変えて有線LANで接続した方が実用的。

少しでも快適にネットにつなげよう

通信速度が遅かったりすると、それだけでイライラしてしまう。

そのためより速い規格に対応したもので、ネット接続できるようにするのが大事。

最適な方法は作業環境や目的によって違ってくるが、無線LANに対応してないけどつなげたい場合は、無線LANアダプタを検討しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました