お菓子を作るときに用意しておきたいおすすめの焼き型5選!

道具

お菓子作りをするときは、オーブンで焼き上げるものも多いですよね。

その際に焼き型が必要になりますが、家庭で作る場合は使う頻度が多いものがあります。

この記事では、これからお菓子を作りをしたいという人に、用意しておきたい焼き型を紹介していきます。

良く使う焼き型

  • 丸型
  • パウンド型
  • シフォン型
  • タルト型
  • バット

お菓子を作るときによく使うものがあるので、それを覚えておきましょう。

色んなことに使える丸型

焼き型と聞いて一番最初に想像するものが丸型で、スポンジを焼いたりガトーショコラやチーズケーキ、カスタードプリンなど様々なお菓子作りに使えます。

底が取り外せるものもありますが使い道が限られてくるので、底が取り外せないものを選んでおくと、液体を入れたり湯煎焼きすることもできますよ。

底が外せるケーキ型も便利ですが、最初に用意するのであれば外せないタイプの型を用意しておきましょう。

サイズは3cm刻みで大きくなり、家庭で良く使われるサイズは5号(15cm)、6号(18cm)が多いですよ。

フッ素加工してあるものは生地が付きにくく手入れが楽ですが、何年も使っているとフッ素加工がはがれてくるので、そうなったら買い替えなければいけません。

長方形のパウンド型

丸型の次に良く使うのは、長方形のパウンド型ではないでしょうか?

パウンドケーキを作るのに使うのが一般的ですが、スポンジやガトーショコラなどもパウンド型で焼くことができます。

角がしっかりとしているものと丸みを帯びているものがありますが、丸み帯びている方が洗うのが楽ですよ。(写真は角がしっかりしているものです。)

こちらもフッ素加工になっている物を選ぶと、生地が付きにくく手入れが便利です。

シフォンケーキに使うシフォン型

シフォン型は、シフォンケーキに使うくらいしか使い道がないのではないでしょうか?

真ん中に穴が開いている、ドーナツのような形をしています。

この穴のおかげで冷えやすくなっているだけでなく、瓶に差して逆さまにして冷やすことができますよ。

写真のシフォン型は穴が小さいので瓶が入らないので、大きさをよく確認してから購入するのがいいです。

良く使われるシフォン型のサイズは、17cmですね。

また、シフォンケーキの場合は焼いたときに型に生地がくっついていることが大事で、フッ素加工のものでなくアルミのものを選んでおくといいですよ。

タルトを作るならタルト型

家でタルトを作ることはそんなにないかもしれないけど、作る機会があればタルト型を用意しておきましょう。

タルト型にも様々なものがあり、側面が波打っているものや底が外れる物など特徴がいろいろあります。

底のないタルトリング型というものもあり、自分が使いやすいものを選ぶことが大事ですよ。

最初のうちは底が外れて、側面が波打ってるものがおすすめです。

色々な使い道があるバット

角型の代わりにバットを使うと、四角く焼きたい時に使うことができます。

スポンジケーキをバットで作ると、ティラミスをタッパーで作りたときに便利に活用できます。

また、フロニャルドなどを焼く時などにも、使うことができるので一つは用意しておきたいものです。

100均でも売っていますが高さがないので、ちゃんとしたものを買った方が安心ですよ。

番外辺:側面だけで底がないセルクル型

セルクルは、側面だけで底がない穴の開いた型です。

そのため、型を引いて抜くことができるので、スポンジを敷いてムースを入れたりして使うことが多いです。

また、レアチーズケーキを作るときにも、セルクルはつかうことができます。

クッキングシートをうまく敷けば、スポンジケーキを作るときの焼き型としても使うことも可能です。

キッシュを作るときに、タルト型でなくセルクルを使って作ることもできますよ。

お菓子作りで用意しておきたい焼き型:まとめ

どの型を買おうか迷ったら、丸型を用意しておきましょう。

シフォンやタルトを作るなら別ですが、丸型でもパウンドケーキは作れるし、一個持っていれば応用が利きます。

パウンド型で作るのを丸型で作る場合は、容量を計算し分量を調整して使うようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました