古い延長コード(電源タップ)は買い替えよう!発火する可能性があるからとても危ない

家電

家に10年以上前に買ったであろう延長コード(電源タップ)がたくさんあって、古いやつだと20年とかそのくらい前の物も使われていました。

ですが延長コード(電源タップ)は電気関係のものなので、古いやつって結構危ないんですよね。

古い延長コードを使い続けていると、火花が飛んだりして火事の原因になることもあります。

一部破損していたりすると余計に危ないので、安心して生活したいなら新しくしたほうがいいですよ。

新しい物は機能も向上しているので、安心感も違いますしね。

この記事では買い替え時や選び方などを紹介しているので、押さえておくべきポイントを把握しておきましょう。

延長コード(電源タップ)の買い替え時はいつ頃がいいのか?

延長コード(電源タップ)の寿命は3-5年と言われているので、長くても5年を目途に買い替えを検討しましょう。

しかし、使っていると劣化したり破損したりで、それよりも早く買い替える必要があったりします。

劣化や破損していると危険なので、その場合はすぐにでも新しくした方がいいですよ。

その際のチェックしておくことは、

延長コード(電源タップ)を動かして電源が消えたりする

延長コード(電源タップ)を動かしたときに、電気が消えるのは中の線が断線していたり、電源タップの内部が壊れている可能性があります。

断線していたり内部が壊れたまま使っていると、ショートなどが起きて火災の原因になってしまいます。

なので断線した延長コードを使っている場合は、すぐに使用するのをやめて新しいものに交換しましょう。

プラグの根元が変形したり焦げたりしている

延長コードなどのプラグをコンセントに差し込むときにまっすぐ差さなかったりすると、プラグが曲がったりして変形してしまいます。

何度も繰り返してやってしまうと、根元の見えないところでプラグが折れていることもあります。

そうなってしまうと異常発熱を起こして発火する危険があるので、プラグが変形したり焦げたりしているものは交換しましょう。

電源タップの差込口が破損したりコードに傷があったりする

電源タップの差込口が破損していたり、コードに傷があったりするとそれも火災の原因になります。

差込口が破損していると金属部分がむき出しになることもあり、感電する危険もあります。

そのため、差込口の破損やコードに傷がある場合も、速やかに交換するようにしましょう。

延長コード(電源タップ)の選び方

延長コードを選ぶ時に考えておくことは、

の、4つを押さえておきましょう。

必要になる延長コードの長さを測っておく

延長コードを選ぶ時は、コンセントから使用する機器までの長さを測ってから、必要な長さのものを選ぶことが大事です。

コードが短ければコンセントから機器まで届かないし、長ければたるんだコードが邪魔になりますよね。

長いコードは束ねておくこともありますが、それは断線を引き起こして発火の危険があります。

そのため、ちょうどいい長さの延長コードを用意することが大事ですよ。

使用する機器の数に合った差し込み口の口数

コンセントから離れた位置にパソコンやプリンター、テレビなどがあると差込口の口数も考えて円t尿コードを選らばなければいけません。

そのため、電源タップは必要な口数があるものを選びましょう。

また、一般的なコンセントには使用できるアンペア数が決まっており、15Aが上限となっています。

電源タップで使用できる差込口の口数が多いものを選ぶのは良いですが、接続する機器の合計が15Aを超えないようにすることも考えないといけませんよ。

安全に使用するために必要な機能

延長コードにはいろいろな機能がありますが、安全に使うのなら最低限押さえておきたいポイントがあります。

それは、便利な機能よりも安全性を重視することであり、

プラグの根元に絶縁キャップがついていること

絶縁キャップは差込プラグ、ようするにコンセントに差す金属の根元についているものです。

絶縁キャップがある部分は、電気を遮断してくれます。

それにより、コンセントとプラグの間に埃が溜まっても、トラッキング火災が生じるのを抑えてくれますよ。

トラッキング火災は差込プラグの金属部分にほこりがたまって、湿気を帯びることにより通電することで発生する火災です。

トラッキング火災の主な原因は埃がたまることなので、日ごろからコンセント周りを掃除して綺麗にしておきましょう。

差込口にはホコリ防止シャッターがついていること

電源タップの差込口にほこりが入ってしまうと、これもトラッキング火災の元になってしまうんです。

小さなお子さんや猫などがいると、差し込み口に手を突っ込んだりするいたずらをして、感電の恐れもありますよね。

子供のいたずらによる感電を防ぐためにも、差込口にほこり防止シャッターがついているものを選ぶようにしましょう。

プラグを差したら簡単に抜けないようになっていること

電源タップに差しているプラグのコードを引っ張ると、場合によってはすぐに抜けてしまう物もありますよね。

全部抜ければいいですが中途半端に抜けてる状態だと、金属が露出した状態になりトラッキング火災や感電する危険があります。

金属が露出した状態にしないためにも、プラグの抜け止め機能が必要になるんです。

差した後に少しねじるタイプならしっかりと固定されるので、抜け止めとしてはとても有効です。

引っかかって抜けてしまわないように、しっかりと対策をしておきましょう。

装備されていると安心・便利な機能

安全対策はもちろんですが、パソコンを使っている場合は雷が落ちたりしたときでも安心できるといいですよね。

また、個別スイッチやUSBポートなどもあると便利です。

次の4つのあると安心・便利な装備を把握しておきましょう。

落雷から守るなら雷ガードは必要装備です

パソコンを使っているときに怖いものが、雷による故障ですよね。

データを常にバックアップしているならいいですが、バックアップせずさらに作業の途中だと雷が落ちたら最悪です。

そんな時に安心できる電源タップの機能が、雷ガードがあるものになります。

製品によって耐えられる電圧に違いがありますが、雷ガードがあるのとないのとでは大違いです。

雷ガード機能が付いた延長コードを選ぶときは、できるだけ耐えられる電圧が高いものを選びましょう。

個別スイッチがあると待機電力の消費を抑えることができます

差込口がたくさんあると、差していても使っていない機器とかが出てきます。

その時に差したままだと無駄な待機電力を消費してしまうので、抜いておいた方が家計には優しいですよね。

しかし、その都度抜いているのは面倒という場合に、個別スイッチが有効ですよ。

必要ない部分だけ消せばいいので、わざわざプラグを抜くは面倒だと感じる人に向いている機能です。

スマホやタブレットを使うならUSBポートがあると便利です

電源タップにUSBポートがあるとスマートフォンやタブレットを充電するときに、ACアダプタを使わなくても済みます。

使用している機器が多く、差込口をたくさん使用している場合は、余計なACアダプタとか刺したくないですよね。

電源タップにUSBポートがあることで、余計なスペースを使わずにスマートにスマホやタブレットを充電することができます。

三極プラグにも対応していると臨機応変に使うことができます

プラグの形には、2極タイプと3極タイプというものがあります。

2極タイプは普段よく目にするものでプラグの先端に2本の金属が、3極のものなら3本の金属が出しています。

三極プラグは、パソコンやオーディオ機器などで使われていることがあります。

使用している機器はどんな形のプラグになっているのか、確認したうえで差込口の形状をえらびましょう。

古い延長コードを使うのがいけない理由

最初の買い替え時の話でも言いましたが、延長コードが劣化しているからです。

劣化してくるとコードから火花が散ったりすることもあり、それによって火災の原因になることもあります。

そういうことを防ぐためにも、古いものは早めに交換しておきましょう。

今まで使っていた延長コードはやばかった

使っている延長コードは日ごろから点検しないのですが、これはやばすぎて焦りました。


絶縁キャップがついていないので、トラッキング火災を起こす可能性が大きいです。


ほこり防止シャッターもついていないので、差込口にホコリがたまると危険です。


電源タップの部分が割れており、とても危険です。

こんだけひどい物を使っていたのですが、一応まだ発火していなかったのでギリギリセーフでした。

えんまな
えんまな

火事にならなくてよかった・・・。

壊れていた延長コードから新しく変えた製品はこんな感じになりました

プラグの根元に絶縁キャップがついているので、トラッキング火災対策もばっちりです。


電源タップにホコリ防止シャッターが付いているので、埃がたまっても安心です。

この延長コードあと数個買ってあり、両親の寝室やキッチンなどで使っています。

延長コードが新しくなったので、少しは安心して生活できる家になりました(笑)

自分の部屋用に買った延長コードはこちらです

パソコン周りで使っているものが、差込口の数が少なく不具合もあるので新しくしました。


プラグの根元に絶縁キャップがついており、差込み口もホコリ防止シャッターがついてるので安心です。

今までの延長コードは雷ガードはありませんでしたが、今回のは雷ガード付きなのでこれで安全快適に作業できるようになりました。


さらに個別スイッチ付きなので、使わない機器の電源は切っておくことができます。

この延長コードのレビューをこちらの記事で行っているので、興味があれば読んでもらえると嬉しいです。

古くなった延長コードは早めに買い替えましょう

古い延長コードをそのまま使っていると、とても危ないということが分かったと思います。

特にこういった延長コードなど電気類は、古くなってくると不具合や破損が生じていることがあり、火災発展する危険もあります。

安全に生活したいのであれば、ほこり防止シャッターや絶縁キャップが付いてる延長コードに変えた方が安心ですよ。

できれば毎年全部の延長コードを確認しておくと、より安心できますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました