古い延長コードは買い替えよう!発火する可能性があるからとても危ない

家電

家に10年以上前に買ったであろう延長コードがたくさんあって、古いやつだと20年とかそのくらい前の物も使われていました。

ですが延長コードは電気関係のものなので、古いやつって結構危ないんですよ。

古いやつを使い続けていると、火事の原因になることもあり。

えんまな
えんまな

今、火花飛んだんだけど!?

一部破損していたりすると、余計に危ないので安心して生活したいなら新しくするようにしましょう。

新しい物は機能も向上しているので、安心感も違います。

新しく買い替えるのであれば、押さえておきたいポイントも把握しておきましょう。

延長コードの買い替え時はいつか?

買い変える時は5年以内を目安に検討しましょう。

延長コードの寿命は3-5年と言われているので、長くても5年を目途に買い替えを検討しましょう。

もちろん使っていると劣化したり破損したりで、それよりも早く買い替える必要が出ることもあります。

劣化や破損していると危険なので、その場合はすぐにでも新しくした方がいいですよ。

主なチェック項目は

  • コードを動かすと消えたりする
  • プラグの根元が変形したり焦げている
  • 破損したり傷がある

他にも確認するべきものは多くありますが、とりあえずこれのどれかに当てはまれば、すぐにでも延長コードを買い替えることをお勧めします。

延長コードを安全に使うための必要な機能

延長コードにもいろいろな機能がありますが、安全に使うのなら最低限押さえておきたいことがあります。

それは、便利な機能よりも安全性を重視

えんまな
えんまな

次の三つを押さえておきましょう。

  • 絶縁キャップ
  • ホコリ防止シャッター
  • プラグの抜け止め

絶縁キャップ

絶縁キャップは差込プラグ、ようするにコンセントに差す金属の根元についているもので、キャップがある所は電気を遮断してくれます。

すると、コンセントとプラグの間に埃が溜まっても、トラッキング火災が生じるのを抑えてくれますよ。

魔獣ルポ
魔獣ルポ

トラッキング火災はほこりがたまって湿気を帯び、通電することで発生するものや。
電気を使ってなくてもコンセントに差してれば発生する可能性は十分にあるで。
だから絶縁キャップが付いているものを使用することで、それを予防することが大事。
覚えとき。

トラッキング火災を防ぐために絶縁キャップが付いているものを使うのもいいですが、根本的な原因はホコリです。

なので日ごろからコンセント周りもちゃんと掃除をして、ほこりなどが溜まらないようにした方がいいです。

プラグもいったん抜いてほこりが付いてないか、また錆びとかがないかなど確認しておきましょう。

ほこり防止シャッター

電源タップの差込口にほこりが入ってしまうと、これもトラッキング火災の元になってしまうんです。

小さなお子さんなどがいると、いたずらをして感電の恐れもありますよね。

いたずらによる感電を防ぐためにも、ほこり防止シャッターは必要です。

えんまな
えんまな

だれかがいたずらしちゃうからな~。

魔獣ルポ
魔獣ルポ

誰かってだれや?

野獣クロ
野獣クロ

いたずらなんてしねーぞ。

えんまな
えんまな

あぶねーからいじるなよ。

プラグの抜け止め

プラグを差してるコードを引っ張ると、物によってはすぐに抜けてしまう物もあります。

全部抜ければいいですが中途半端に抜けてる状態だと、金属が露出した状態になり、トラッキング火災や感電する危険があります。

そんな状態にしないためにも、プラグの抜け止め機能が必要になるんです。

魔獣ルポ
魔獣ルポ

プラグが抜けないんやけど?!

差し込むときに力がいり、しっかりと締めこまれる物は抜けにくいですよ。

差した後に少しねじるタイプならしっかりと固定されるので、抜け止めとしてはとても有効です。

引っかかって抜けてしまわないように、しっかりと対策をしておきましょう。

延長コードにあると安心な機能

安全対策はもちろんですが、パソコンを使っている場合は万が一の際にも安心できることも大切です。

雷対策や節電などに役立つ機能を知っておきましょう。

雷ガード

パソコンを使っているときに怖いものが、雷による故障ですよね。

めったなことでは起こりませんが、万が一近くの電線などに落ちた場合は危険度は跳ね上がります。

データを常にバックアップしており作業をしてない時ならまだいいですが、バックアップしてなくて、さらに作業の途中だと最悪ですね。

えんまな
えんまな

データが?!終わった・・・。

そんな時に有効なのが、雷ガード機能があるもの。

製品によって耐えられる電圧に違いがありますが、あるのとないのとでは大違いです。

雷ガード機能が付いた延長コードを選ぶときは、できるだけ耐えられる電圧が高いものを選びましょう。

個別スイッチ付き

差込口がたくさんあると、差していても使っていない物とかが出てきます。

その際に差したままだと無駄な待機電力を消費してしまうので、抜いておいた方が家計には優しいですよね。

しかし、その都度抜いているのは面倒という場合に、個別スイッチが有効

必要ない部分だけ消せばいいので、めんどくさがりの人に向いている機能です。

えんまな
えんまな

間違ってもスイッチを踏むなよ。

魔獣ルポ
魔獣ルポ

ふんじゃった・・・。

えんまな
えんまな

編集中のデータ・・・。

今まで使っていた延長コードはやばかった

延長コードは日ごろから点検しませんが、これはやばすぎました。

絶縁キャップはついてない。

ほこり防止シャッターもない。

割れている 。

こんだけひどい物を使っていたのですが、一応まだ発火していなかったのでギリギリセーフ。

えんまな
えんまな

こんだけひどいものはぶっちゃけ使わない方がいいです(汗)

ぶっ壊れていたのから変えたもの

新しく買ったのがこちら

絶縁キャップはついてる 。

ほこり防止シャッターもある 。

これをあと数個買い、両親の寝室やキッチンなどで使っています。
そんなこんなで少しは安心して生活できる家になりました(笑)

自分の部屋用に買った物

パソコン周りで使っているものが口数が少なく不具合もあるので新しくしました。

絶縁キャップがついている。
差込み口もホコリ防止シャッターがついてるので安心。

そして今までのは雷ガードはありませんでしたが、今回のは雷ガード付き。
これで安全快適に作業できる。

さらに個別スイッチ付きなので、使わないところは切っておくことができます。

このレビューはこちらの記事で。

早めに買い替えましょう

これで分かったことは古いものをそのまま使っていると、とても危ないということ。

特にこういった延長コードなど電気類は、古くなってくると不具合や破損が生じていることがあります。

安全に生活したいなら、ほこり防止シャッターや絶縁キャップが付いてるものに変えた方が安心

できれば毎年全部を確認しておくと、より安心できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました