【レビュー】アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-014でヨーグルトの作り方!使い方は操作が簡単

家電

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-014は、手ごろな価格でありながらヨーグルト以外も作れるのでおすすめです。

甘酒や味噌、フルーツビネガーなど色んな発酵食品を作れます。

自分で温度設定とかするのが苦じゃないなら、操作も簡単で使い勝手もいいですよ。

この記事では、ヨーグルトメーカーIYM-014の使い方やレビューの紹介です。

魔獣ルポ
魔獣ルポ

この記事で興味がわいたら、ヨーグルト作ってみてね。

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-014はどんな機能があるのか

  • 25~65℃の範囲で温度設定
  • 1から48hの時間設定
  • 2種類の自動メニュー

ヨーグルトメーカーIYM-014は、アイリスオーヤマから発売されているヨーグルトメーカーです。

上記の3つの特徴とスタート/切ボタンがあるだけで、とてもシンプルな設計になっています。

25~65℃の範囲で温度設定ができます

1℃刻みで温度を設定でき、色々な発酵食品を作ることが可能です。

発酵食品は作るものによって発酵させる温度が違います。

多くの菌が増殖しやすい温度に設定できるので、好きな発酵食品を作ることができますよ。

作りたいものがあったら、どんどん挑戦していきましょう。

1から48hの時間設定をすることができます

1時間刻みで48時間まで設定することが可能です。

発酵食品は発酵させる時間によって、酸味などがかわってきます。

レシピの時間を参考にしつつ、自分の好きな発酵度合いを見つけていきましょう。

2種類の自動メニューがあります

自動メニューは、プレーンヨーグルトと甘酒を選択できます。

2種類しかありませんが、ヨーグルト作るなら温度設定して時間も設定するのが面倒な人には最適ですね。

ですが、2種類のメニューがあるから間違えないように注意しましょう。

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-014の外観や付属品はどうなっているのか

  • 900mlの容器
  • 牛乳パック用クリップ
  • 水切りカップ
  • 軽量スプーン

このような付属品が、アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-014にはついてます。

本体外観

本体はこんな感じです。


蓋を開けるとこんな感じです。

牛乳パックが、一本すっぽり入ります。

1Lまたは500mlのパックで作ることも可能。

900mlのプラスチック容器

袋に入ったままですが、容器はこんな感じです。

容器のふたは完全に密閉されないので、ヨーグルトを入れたまま横にしないようにしましょう。


牛乳パックを入れると、こんな感じです。

牛乳パック用のクリップ

牛乳パック用クリップは、こんな感じです。

小さいものなので、使う場合はなくさないように注意しましょう。

ヨーグルトメーカー本体と一緒に保管するなど、保管場所も考えないとどこに仕舞ったから忘れてしまいますよ(笑)

水切り用カップ

ギリシャヨーグルト用水切りカップは、これです。

コーヒーフィルターやキッチンペーパーを広げて、ホエーを切るのに使います。

形状的にコーヒーのドリッパーに似ているので、代用できるんじゃないかと思っちゃいますよね。

コーヒーのドリッパーの場合は穴が小さいし、少しずつ出ていくから難しいですが。

計量スプーン

計量スプーンはこんな感じです。

柄が長く、牛乳パックを使う時でも底まで届きます。

しかし、プラスチックであるので柔らかく、ふにゃっと曲がってしまいます。

良くかき混ぜたい場合などは、別に長いスプーンを新しく買った方がいいでしょう。

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-014の2つのデメリット

  • 出来上がっても完了音がしません
  • 衛生管理をしっかりと行う必要があります

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-014のデメリットは、この2つになります。

この2つのデメリットをを許容できないと、使うのは難しいかもしれません。

出来上がっても完了音がしません

ヨーグルトメーカーなどの製品は時間がきて完了したら、ブザーとかなるのが普通じゃありませんか?

でも、アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-014は鳴らないんです・・・。

なので、残り時間を確認しながら、ヨーグルトなどを作ったりしなきゃいけないから大変です。

音が鳴らなくてもいいけど忘れそうで心配という人は、タイマーを用意して時間を忘れないようにしておきましょう。

衛生管理をしっかりと行う必要があります

ヨーグルトなどの発酵食品を作る場合は、菌が繁殖しやすい温度に設定されます。

そのため、ヨーグルト菌以外が付着しないように、注意しなければいけません。

使う前に熱湯消毒する必要があるので、その点を理解しておくことが大事です。

衛生面には特に気を付けて、発酵食品を作るようにしましょう。

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-014のメリット

  • 牛乳パックで作れる
  • 発酵食品が作れる
  • 毎月のヨーグルト代を安くできる

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-014は、これら3つのメリットを挙げることができます。

牛乳パックを使ってヨーグルトを作ることができます

ヨーグルトメーカーIYM-014は付属の容器を使わずとも、ヨーグルトを作ることができます。

付属の牛乳パック用クリップを使えば、簡単に牛乳パックにふたすることができるので、本体にセットするだけで作ることが可能です。

ヨーグルト以外の発酵食品を作ることができます

ヨーグルト以外にも、発酵食品はたくさんありますよね。

ヨーグルトメーカーIYM-014は、塩麹や納豆などの発酵食品を作ることができます。

他にも色々と作れますが、そのレシピは公式ページで確認しておきましょう。

毎月のヨーグルト代を安くすることが可能です

ホームページにヨーグルト代を約1/5と言ってるけど、牛乳代が入っていないことに注意しようね。

牛乳代を加えると、もう少し高くなるので気を付けましょう。

それでも安い事には変わりないですけどね。

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-014とIYM-013との違いってなに?

 

 IYM-014IYM-013
自動メニュープレーン、甘酒
プレーン、飲むヨーグルト、カスピ海、甘酒・塩麹
作れるレシピプレーン、飲むヨーグルト、カスピ海、甘酒・塩麹、味噌、納豆、酵母、フルーツビネガー、水キムチ
容量1L
温度設定25℃~65℃
タイマー1~48時間
付属容器900ml×1個900ml×2個
付属品専用容器、牛乳パック用クリップ、計量スプーン、ギリシャヨーグルト用水切りカップ
専用容器×2、牛乳パック用クリップ、計量スプーン、ギリシャヨーグルト用水切りカップ、混ぜ棒
大きさ幅156×奥行156×高さ274

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-014には、似た品番のIYM-013というものがあります。

購入する際に迷わないように、上記の比較表を参考にしてください。

ヨーグルトメーカーIYM-013の方は、自動メニューの豊富さ・容器の数・混ぜ棒といったものが増えてるだけです。

数百円程度の値段の差なので、値段気にしない人はIYM-013の方がおすすめですよ。

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-014の使い方

  1. 容器を洗い熱湯消毒
  2. 牛乳・ヨーグルトを入れる
  3. セットして時間がくれば出来上がり

材料は牛乳と種になるヨーグルトまたは、ヨーグルト種菌です。

工程はたったの三つなので、これを押さえてちゃんと作りましょう。

まず、容器を洗い熱湯消毒しましょう

使用する前に容器と計量スプーンをきれいに洗い、その後に熱湯消毒をします。

熱湯消毒する理由は、ヨーグルト菌以外の菌などが混入することを防ぐためです。

熱湯を掛けたらふきんなどで拭かずに、軽く水けを切る程度にとどめておきます。

容器に牛乳・ヨーグルトを入れてよく混ぜます

容器に、牛乳810mlとヨーグルト90gを入れます。

入れたらヨーグルトが良く混ざるように、付属の軽量スプーンや長い棒などを使ってしっかりかき混ぜましょう。

そうしたら、本体にセットします。

牛乳パックで作る場合は、パックの注ぎ口を両方開き中身を900ml残し、そこにヨーグルト100g入れます。


そしてこのキャップを使って、牛乳パックに蓋をしてセットします。

ヨーグルトメーカー本体にセットして時間がくれば出来上がりです

容器に蓋をしたら本体にセットして、温度とタイマーを調整します。

今回は自動メニューでスタートしていますが、お好み設定で温度と時間を調整したい場合は、公式ページのレシピを参照しましょう。

そして時間が来れば出来上がりです。


写真は飲むヨーグルトですが、おいしくいただきました。

出来上がったら冷蔵庫で冷やし、砂糖などで甘さの調整をしましょう。

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーIYM-014:まとめ

  • 時間管理ができる人
  • 衛生管理ができる人
  • 色んなものを作りたい人

ヨーグルトメーカーIYM-014は、このような人におすすめです。

興味がわいたらぜひヨーグルトメーカーを使って、ヨーグルトや甘酒、味噌など色々なものに挑戦してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました