【レザークラフト】革の縫い方は平縫い!菱目打ちは穴に重ねて縫い目をまっすぐに

レザークラフト

レザークラフトで革を縫うことは、革を張り合わせる以外にも見た目にも大きく影響を及ぼします。

縫い穴を開ける時は菱目打ちを使い、縫い方は基本的に平縫いです。

しかし、並縫いはわかっても、平縫いのやり方をわからない人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、レザークラフトをする際の菱目打ちの使い方と平縫いのやり方を紹介していきます。

レザークラフトで革を縫う時は菱目打ちで革に穴をあけます

  1. 穴を開けるためのガイドラインを引く
  2. 菱目打ちで穴をあける跡を付ける
  3. 菱目打ちで穴をあける

菱目打ちで革に縫い穴をあける時は、この順番で行います。

レザークラフトで使う革は布とは違い、針をそのまま刺そうとしても簡単に縫えるものじゃありません。

それでは、菱目打ちで穴をあけるまでの手順を確認していきましょう。

まずステッチンググルーバーを使って革にガイドラインを引きます

菱目打ちを打つ場所に、ステッチンググルーバーを使ってガイドラインを引いていきます。

ガイドラインがないと穴を開けるときに、コバから一定の距離を保てなかったり縫い穴が曲がったりするので、必ずガイドラインを引いておきましょう。


写真はステッチンググルーバーでガイドラインを引いているところ。

革にガイドラインを引く際に使うものは、ステッチンググルーバーまたはねじ捻です。

菱目打ちの大きさなどによっても違いますが、コバからの距離が2-3mm位になるようにピッチを調整します。

ピッチ調整は、菱目打ちのピッチ間隔(刃の中心から刃の中心までの距離)に、ステッチンググルーバーのガイドとチップを合わせるのが、一般的な幅の取り方です。


マルチステッチンググルーバーを購入すれば、ガイドラインを引くだけでなくヘリ落としや溝堀もできるのでおすすめですよ。

革に穴を開ける部分に菱目打ちで跡をつけます

レザークラフトで革に綺麗に穴を開けるためには、菱目打ちでいきなり穴を開けるのではなく、先に菱目打ちを打つ部分に跡を付けておくことが大事です。

ガイドラインに沿ってそのまま菱目打ちを打っていると、気づかないうちにズレていることが結構あるんですよね。

それを防ぐためにも、穴を開ける前に菱目打ちを軽く押し付けて跡をつけておきましょう。

菱目打ちで革に穴を開けます

菱目打ちで穴を開ける時は、ゴム板を敷きその上に革を置き菱目打ちをまっすぐに立てて、金づちで叩いて穴を開けます。

最初に縫い穴を開けたら、次に穴を開けるときは一つ前の穴に1目重ねて穴を開けると、間隔がズレずに開けることができますよ。

角やカーブのときは一つ前の所に重ねてしまうと穴の形が変になるので、そういう場合は重ねないで穴を開けるようにしましょう。

長い直線に穴を開ける時は、4本目や6本目のように目数が多い方が少ない手順で穴を開けられます。

しかし、カーブ部分などは1本目や2本目の菱目打ちを使った方が、小回りが利いて綺麗に穴を開けることができますよ。


菱目打ちは造りがしっかりしたものを選びたいですが、その場合はクラフト社のものがおすすめです。

ピッチ幅は、最近は1.5mm幅を使っています。最初は刃が二本ある菱目打ちを用意しておくと色々と応用できます。

レザークラフトで縫い針に糸を通す方法を説明します

レザークラフトで縫う際には、塗っている途中で糸が抜けないようにする必要があります。

そのため、糸の通し方も少々特徴的なので、それをしっかりと覚えておきましょう。

また、糸の長さは革の厚さにもよりますが、縫う距離の5~6倍くらいの長さを用意しておく必要があります。


針の穴に糸を通したら、針の長さの2倍くらい糸を出します。

そうしたら、出した糸の真ん中位に針を刺します。


そうしたら、もう一度残ってる糸に針を刺すことで、針に刺さっている糸がS字状になります。


つぎに、糸の短い部分を針穴側に引っ張ると、糸が糸の中に入り込み抜けないようになります。

これを反対側の糸の端の方でも同じように行うことで、平縫いをする準備が整います。


使う針は、クラフト社の丸針(細)が使いやすいです。

今までは、クラフト社の丸針(太)を使っていたのですが、2mmくらいの革を縫い合わせるなら丸針(細)の方が便利ですよ。


また、糸ですが麻糸にロウを引いたものを使います。

自分でロウを引いてもいいですが、最初からロウが引いてある糸を使うと手間がなく楽ですよ。

針と糸を使って革を縫い合わせていきます

  1. 最初に返し縫いをする
  2. 通常の進行方向に縫う
  3. 最後に返し縫いをする

レザークラフトで平縫いをする際は、この手順で行います。

革を縫う時は、基本は平縫いで、見えないところは並み縫いをしていきます。

また、レース紐を使う場合はかがり縫いをしますが、ここでは平縫いの説明をするだけで、かがり縫いの説明はしません。

革を縫い合わせる時に最初は返し縫いを行います

レザークラフトで革を縫う時は、最初に端から2-3個目の穴に針を通し、糸が左右で同じ長さになるようにしましょう。

負荷が掛かる場所は必ず返し縫いを行い、強度を増しておくことが大事です。

基本的に平縫いをするときは、表→裏→表→裏の順番で針を通していきます。


返し縫いをするので、一つ前の目に針を通します。


裏側に出た糸は、縫う進行方向とは逆の手前側に糸を引いておきます。

この菱目の場合は、鋭角になっているところが左下にあるので、そこに糸を引いていきます。


裏側から縫う時は、進行方向側に開いている鋭角の部分に針を通します。

写真では表から来た糸は裏から縫う糸の上にありますが、この場合は裏から針を通す場合はその下から糸が通るようにして絡まらないようにしましょう。

この位置を間違えると、縫い目が汚くなってしまうので注意が必要です。

端まで縫ったら、通常の進行方向に縫っていきます。

二重になる部分は糸に針を刺さないように注意が必要ですよ。

通常の進行方向に縫っていきます

折り返して通常の進行方向に縫っていく場合ですが、写真では左上右下に鋭角がありますが、針を刺す位置は右上の鈍角のところに刺します。


表から刺した針は裏ではこうなっているので、通したら写真では左下に糸を引いておきます。


裏から針を通す場合は、写真では右上の鋭角の所に刺します。


針が表側に出てくると、こんな感じです。

このように縫って繰り返して終点まで行ったら、同じように返し縫いをします。

最後に返し縫いをして糸を処理します

最後に返し縫いをしたら、糸の処理をしていきます。

引っ張ったときに革の中に埋もれる部分にボンドを付けると、簡単に強度を出すことができるのでおすすめです。

写真はGクリアを使っていますが、木工用ボンドで十分ですよ。


最後は根元から糸を切って、目立たないようにしましょう。

ボンドがはみ出していると見た目が良くないので、その点に注意が必要です。

レザークラフトで並縫いをする場所は目立たず強度がそれほど必要ない場所です

レザークラフトで並み縫いする場所は、財布などのカードポケットで、カードポケット下部のようにそれほど強度が必要ないところを並縫いします。

並み縫いは強度が弱いだけでなく、縫い目も綺麗なものではないので、見えないところを縫うようにしましょう。

このように並縫いと平縫いを使い分けることが大事ですよ。

慣れるまでは端切れで縫い方を練習しましょう

キーホルダーや財布などを作る時に、いきなりやろうとしても綺麗な縫い目にできるとは限りません。

そのため実際に小物を作る前に、端切れを使って縫う練習をするようにしましょう。

綺麗に縫うことができてれば、そこから数回練習をしていつでも同じように縫えるようにしておくことが大事ですよ。

ポイントを押さえてしっかりと練習しましょう。

また、こちらの記事でレザークラフトをする際に用意しておきたい道具を紹介しているので、よければそちらも参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました