レザークラフトの革の縫い方!菱目打ちでまっすぐ穴を開けよう

レザークラフト

レザークラフトで縫うことは、革を張り合わせる以外にも見た目にも大きく影響する。

縫い穴を開ける時は菱目打ちというものを使い、縫う時は基本的に平縫いで行う。

そこで今回は、菱目打ちの使い方と平縫いの仕方を紹介。

菱目打ちで革に穴を開ける

革は布とは違い、針をそのまま刺そうとしても簡単に縫えるもんじゃない。

そのため、スムーズに縫うために、最初に縫い穴を開けておく必要がある。

そこで必要になるのが菱目打ちになるが、整った線を引くためにはガイドラインを引かなくてはならない。

線を引く

菱目打ちを打つ場所に、線を引きます。

線がないと穴を開けるときにコバから一定の距離を保てなかったり、曲がったりするので必ずガイドラインを引いておこう。

使うものはステッチンググルーバー。ネジ捻でもよい。

菱目打ちの大きさなどによっても違うが、コバから2-3mm位になるようにピッチを調整する。

これは菱目打ちのピッチ間隔(刃の中心から刃の中心までの距離)に、ステッチンググルーバーのガイドとチップを合わせる。

菱目打ちで跡をつける

綺麗に穴を開けるために、跡をつけて目印を。

ガイドラインに沿って菱目打ちを打っていると、気づかないうちにズレていることが結構ある。

それを防ぐためにも、穴を開ける前に菱目打ちを軽く押し付け跡をつけておこう。

穴を開ける

ゴム板を敷き、菱目打ちをまっすぐに立てて、金づちで叩いて穴を開ける。

端から穴を開けていくが最初に穴を開けたら、次に穴を開けるときは一つ前の穴に1目置いて穴を開けると綺麗に開けることができる。

角やカーブのときは一つ前の所に重ねてしまうと穴が変になるので、そういう場合は重ねないで穴を開けるように。

長い直線の時は4本目や6本目のように多い方が簡単だが、カーブ部分などは1本目や2本目を使おう。

革を縫い合わせる

ロウ引き糸を使う場合は、基本は平縫いで、見えないところは並み縫いをする。

糸は革厚さにもよるが、縫う距離の5~6倍くらいの長さを用意。途中で足りなくなると面倒なので注意しよう。

またレース紐を使う場合はかがり縫いをするが、ここではかがり縫いの説明はしません。

針に糸を通す方法

レザークラフトで縫う際には糸が抜けないようにする必要がある。

針の穴に糸を通して、針の長さの2倍くらい糸を出し、そこに針先を刺す。

もう一度刺すことで、S字状になる。

糸の短い部分を針穴側に引っ張ると糸が抜けないようになる。
これを反対側でも同じように行う。

平縫いのやり方

端から2-3個目の穴に針を通し、左右で同じ長さになるようにする。

負荷が掛かる場所は必ず返し縫いを行い、強度を増しておくことが大事。

基本的に表→裏→表→裏の順番で縫っていく。

一つ前の目に針を通す。

裏側は進行方向とは逆の手前側に糸を引いておく。

裏側は進行方向側に開いている隙間に針を通す。

写真では表から来た糸は左上側にあるが、この場合は裏から針を通す場合はその下から糸が通るようにして絡まらないようにしよう。

この位置を間違えると縫い目が汚くなってしまうので注意が必要。

端まで縫ったら通常の進行方向に縫っていく。

二重になる部分は糸に針を刺さないように注意が必要。

写真では左上右下に鋭角があるが、針を刺す位置は右上の鈍角のところ。

表から刺した針は裏ではこうなっているので、通したら写真では左下に引いておく。

裏から針を通す場合は、写真では右上の鋭角の所に刺す。

表側に出てくるとこんな感じ。

これを繰り返して終点まで行ったら、同じように返し縫いをする。

最後の糸の始末はボンドを付けると簡単。
写真はGクリアを使っているが、木工用ボンドで十分。

根元から糸を切って目立たないようにしよう。

なみ縫いをする場所

財布などのカードポケットで、下になる場所に利用する。

なみ縫いは強度が弱いだけでなく、縫い目も綺麗なものではない。

そのため外から見た場合に、見えない部分を縫う時に使う。

端切れで縫い方を練習しよう

キーホルダーや財布などを作る時に、いきなりやろうとしても綺麗な縫い目にできるとは限らない。

そのため実際に小物を作る前に、端切れを使って縫う練習をしておこう。

綺麗に縫うことができてれば、そこから数回練習をしていつでも同じように縫えるようにしておくことが大事。

コメント

タイトルとURLをコピーしました