カメラバッグは入れるものを考えて選ぼう

カメラ

どのくらいの大きさのカメラバッグを買おうか、迷ってませんか?

カメラを購入したときに、付属品だったり購入特典などでカメラバッグを手に入れることができる。だけど、サイズは小さい。

でも最初はカメラバッグを買うことなんか考えてないこともあり、それを使い続けるひとも多い。
僕がそれだった。

だけど、そのカメラバッグに満足してますか?

そこで新しくカメラバッグを買う時に、どんなふうに選べばいいのか説明していきます。

カメラバッグとは

カメラやレンズを入れるのはもちろんですが、撮影に使う小物やタブレット端末などを入れることもある。

形状も様々で、撮影スタイルに合ったものを選ぶのが大事。

肩掛けタイプ

代表はショルダーバッグ。
オーソドックスな形なので、使いやすい。

メッセンジャーバッグも肩掛けタイプだが、ショルダーバッグより紐が短く体にフィットするようにできている。
慣れていない人には使いにくい。

手さげタイプ

いわゆるトートバッグです。
手で持つ必要があるので、片手がふさがってしまう。

背負うタイプ

カメラリュックはバッグよりも大型なものが多く、色々なものを詰め込むことができる。
普段使いするというよりは、山などアウトドアシーンでの撮影に使うイメージ。

腰に巻くタイプ

ウエストポーチ系は小さい物であればそれほど負担はないが、大型のものになると重さも出てくるので腰に負担がかかる。

ベルトは太めで重さが分散しやすいものを選びたい。

キャスター付きタイプ

キャリーケースのように転がして移動させるもの。
収容量も多いので、レンズをたくさん使用するときなどに有効。

アマチュアならほとんど使う場面はない。

選び方

カメラを持ち歩くには、カメラバッグはとても重要。
選び方がわからない人向けに、大事なポイントを二つ挙げます。

大きさや機能性を決める

大きさはすごく重要なもので、容量が小さければ必要なものを入れることができない。

カメラ購入時のついてくるバッグは、レンズを装着したカメラ+レンズ1本程度の収容力しかない。
微妙な大きさのポケットが付いていたりするが、小物を入れるには小さすぎる。

レンズが増えたりサブカメラを使うことなどを考えると、最低でもレンズを装着したカメラ+レンズ2本くらいの収容力は欲しいところ。

そしてブロワーやブラシ、フィルターやレリーズなどの小物を入れることも考えて、ポケットの収容力も十分あるものを選ぼう。

機能性ですが突然の雨や水しぶきからカメラやレンズを守るために、防水のものを選んでおくと安心。
水はカメラの大敵なので、十分に注意する必要があります。

また三脚を使う場合には、バッグに三脚を取り付けて持ち運びできるかも確認。
移動の時に三脚を手で持っているとだるいので、バッグに取り付けられると便利。

バッグの種類を決める

自分がどんな時にカメラを使うのか、そのシーンに合っているバッグを選ばないと使いづらい。

おすすめはショルダーバッグタイプ。
無難に使うことができ、軽いハイキング程度なら持っていける。

僕の経験談ですが、新潟の護摩堂山の紫陽花を撮りに行く程度なら、ショルダーバッグで十分。

使っているカメラバッグ

ショルダーバッグを推していますが、どんな感じで機材を入れているのかイメージしにくいと思うので、ちょっと紹介します。

最初に使っていたもの

カメラとレンズくらいしかはいらないカメラバッグ

最初に使っていたものは買った時についてきたものですが、バッグを買い替える暇がなくて数年使ってました。

レンズを付けたカメラと交換レンズ一本しか入らず、他の小物も入れるスペースが少ない。

新しく買ったもの

ミラーレス2台+レンズ2本を収容可能なカメラバッグ

レンズを装着したミラーレス2台+レンズ2本を収容可能(僕の入れ方の場合)。

そしてポケットも天面と前面、そして薄いが背面にもある。

新しく買った物は、ケンコーのaosta Avant EX ショルダーバッグL。
買った時は2000円くらいで、ある程度収納力があってコストパフォーマンスが良いなと思っていました。

しかし機材が増えてくると、これでもちょっと小さく感じています。
使わないのに持っていくものがあったりするので、必要なものだけバッグに入れるようにすれば解消はされるでしょう。

値段も手ごろなので、個人的にはおすすめです。

良いカメラバッグを使うこと

カメラバッグは、楽しく撮影するためにも必要なもの。
収容力が少なければ必要なものが入れられず、機能性が悪ければ使い勝手も悪いです。

自分が使いたいなというデザインのものがあったら、容量や機能性などしっかりと確認して選ぶようにしましょう。
機材が増えることを見越して、余裕のある大きさのものを選ぶことが大事。

カメラバッグは機材を衝撃から守る以外にも、持ち運びを便利にする大切な道具です。
予算に余裕があるのなら、できるだけ良いものを使うようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました