【寒い時期必見】正しくカメラを保管をして湿気や結露から守ろう!その際の方法や対策を紹介

水滴がついたレンズカメラ

寒い時期や梅雨時に、外から帰ってきたらカメラやカメラレンズが結露していたなんてことありませんか?

そのままにしておくと、レンズが曇って見えにくいだけでなく、カビが生えてしまうことがあります。

そこでこの記事では、カメラが結露する原因とその対策を紹介していきますよ。

そもそも結露が発生しやすい時とはどういった状況なのか解説します

結露するとそこには水滴が付きますが、それは水蒸気が急激に冷やされて起きるものですよね。

ではどのような場合に結露しやすいのか、それを知っておきましょう。

結露は寒い時期に発生しやすい

結露はしやすい時期があり、それが冬になります。

冬は気温が低いため、外から家に入ると急激な温度差が生じることになりますよね。

温かい空気が冷やされると、水蒸気が水に変わりそれがレンズなどに付着することが結露の原因です。

そのため寒い時期は、特に結露対策が重要になります。

結露は梅雨などの湿度が高いときにも発生する

結露は寒い時期に起きやすいですが、梅雨などの湿度が高いときにも発生します。

梅雨の時期は、室内外の温度差はそれほどありません。

なぜ起きるかというと、空気中に収まりきらなくなった水蒸気がレンズなどに付着して水滴になるためです。

なので湿度が高い梅雨時などは、温度差がなくても結露に注意しましょう。

結露は夏でも発生します

結露は、寒い時期や湿度が高い時期に起こりやすいですが、夏でも発生します。

これは冬とは逆で、クーラーが効いた屋内から屋外に出る時に注意が必要です。

クーラー効いてる部屋は涼しいですが、外はとても暑いですよね。

結露が発生するのは温度差によるものなので、室内外の温度をちゃんと把握しておくことが大事です。

カメラやレンズが結露すると不具合が起こってしまいます

カメラやレンズは、結露させてはいけないといいますよね。

結露させてしまうと何故いけないのか、ちゃんと理由を知っておくことが大事です。

カメラやレンズが結露することで、どのような不具合が起こるのか確認しておきましょう。

カメラやレンズにカビが生える

結露してしまうと、カビが発生する原因になります。

水滴を拭き取ればいいと思うかもしれませんが、拭き取れる部分は表面だけです。

レンズの外側に水滴がついたのならそれを拭き取ればいいですが、内部についたものはレンズを分解してふき取る必要があります。

分解してクリーニングできればいいですが、素人が行うと壊してしまうことになりかねないので、カビが生えたら修理に出すようにしましょう。

電気系統の故障の原因になる

例えカビが生えなくても、結露することで故障を引き起こすこともあります。

デジタルカメラは、電気製品ですよね。

そのため、内部に結露が生じたまま電源を入れてしまうと、ショートして故障する原因になりかねません。

大切なカメラを壊さないためにも、しっかりと結露対策をすることが重要ですよ。

カメラやレンズの結露防止対策には保管方法が重要です

しっかりとした対策をせずにカメラやレンズを保管すると、結露してカビが生える原因になります。

カメラをどのように保管してますか?

一番しちゃいけないのは、カメラをそのまま机や本箱に置いておくことです。

結露する危険があるのはもちろんですが、カメラやレンズにホコリが付いてしまいますよね。

では、どういう風に保管をすればいいのか、しっかりと確認しておきましょう。

カメラバッグを使って保管する

カメラバッグ

カメラやレンズが結露する原因は、急激な温度差ですがそれをなくすにはどうすればいいでしょうか?

答えは、カメラが暖かい空気や冷たい空気に触れないようにすることです。

カメラバッグに入れてちゃんとふたをしめておけば、外気を遮断することができます。

最終的にはカメラバッグの内外の温度も、ゆっくりと同じような温度になります。

カメラバッグの置き場所は、エアコンなどの空気が直接当たらない温度差の少ない場所や直射日光が当たったり、湿度が高くなりにくい場所にい置いておきましょう。

ドライボックスを使って保管する

ドライボックスはプラスチックのケースで、値段も安く簡易的な結露対策の保管ケースです。

湿度計が付いているものだと、BOX内の湿度を確認しやすいので便利ですよ。

ドライボックスは単品で使うのではなく、乾燥剤と一緒に使用します。

そのため、カメラやレンズをドライボックスに入れて保管する場合は、乾燥剤も一緒に用意しておくようにしましょう。

防湿庫を使って保管する

防湿庫は、カメラやレンズを保管するのに最適なものです。

電子制御されているので、自動で湿度を調整してくれますよ。

電源を必要とするので、置く場所を選ぶのと金額がお高いのがちょっとネックですね。

しかし、カメラをしっかりと保管したいのであれば、防湿庫は用意しておきたいものです。

防湿庫を選ぶときは、機材が増えることを考えて、少し大きめのものを選ぶと安心できます。

メーカーで迷った場合は、東洋リビングやトーリハン、ハクバを選んでおけば間違いないですよ。

防水や防滴のカメラやレンズでも結露してしまいます

防水や防滴仕様のカメラやレンズでも、結露します。

防水カメラは水中でも使うことができるので、シュノーケリングなどで水中写真を撮るのに使うこともできますよね。

しかし、水中は温度が低く、暖かいところから冷たいところに潜るとレンズが結露して曇ることもあり、海から上がって外気が温かい場合も結露する原因となります。

そのため、防水や防滴仕様のカメラやレンズであっても、使用時に結露対策をすることが大事です。

カメラやレンズの結露対策:まとめ

大切なカメラやレンズを長く使うには、結露させないように保管することも必要です。

結露が起きる原因を理解して、結露を起こさないように扱うようにしましょう。

そのためにも、結露から守るための方法や対策をしっかりと行うことが大事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました