【寒い時期必見】正しくカメラを保管をして、湿気から守ろう!方法や対策は?

水滴がついたレンズカメラ

眼鏡をしている人は冬など気温が低い時期、外から帰ってきたときに眼鏡が曇った経験がありませんか?

僕は眼鏡を付けているので、冬は良く曇ります。
曇るということは結露してることになりますが、これは眼鏡だけで起こるものっではありません。

カメラを持って出かけた場合、カメラやレンズが結露している可能性が。

そこで今回は、カメラが結露する原因とその対策の紹介です。

結露が発生しやすい時は

結露するとそこには水滴が付きますが、それは水蒸気が急激に冷やされて起きるもの。
ではどのような場合に結露しやすいのか、それを知っておきましょう。

寒い時期に発生しやすい

結露しやすい時期があり、それが
冬は気温が低いため、外から家に入ると急激な温度差が生じることに。

温かい空気が冷やされると水蒸気が水に変わり、それが結露の原因です。
そのため寒い時期は、特に注意が必要になります。

梅雨などの湿度が高いときにも発生する

結露は寒い時期に起きやすいですが、梅雨などの湿度が高いときにも発生します。
梅雨の時期は室内外の温度差はそれほどありません。

では、なぜ起きるかというと、空気中に収まりきらなくなった水蒸気が付着して水滴になるためです。

なので湿度が高い時は、温度差がなくても注意しましょう。

夏でも起こる

結露は寒い時期や湿度が高い時期に起こりやすいですが、夏でも発生します。
これは冬とは逆で、クーラーが効いた屋内から屋外に出る時に注意が必要。

結局は温度差によるものなので、屋内外の温度をちゃんと把握しておくことが大事。

結露することの何がいけないのか

カメラやレンズは結露させないようにしろといいますが、その理由をしっかりと知っておくことが大事。

カビが生える

結露してしまうと、カビの原因になります。
なら水滴を拭き取ればいいと思うかもしれませんが、拭き取れる部分は表面だけです。

レンズの外側に水滴がついたのならそれを拭き取ればいいですが、内部についたものはレンズを分解してふき取る必要があります。

慣れている人であれば分解してクリーニングするのもいいですが、分解したことがない人には難しいものが。

カメラ本体の場合は、撮像素子(イメージセンサー)がカビてしまった場合、素人が自分できれいにするのはやめておいた方が良い。
最悪、撮像素子を傷つけてしまい、使い物にならなくなります。

そのためカビが生えたら、メーカーなどにクリーニングに出すことが必要。
しかし費用が掛かるので、カビさせないことが一番いい。

すなわち結露することは、避けなければいけない。

故障の原因になる

例えカビが生えなくても、結露することで故障を引き起こすこともあります。

ほとんどの人はデジタル一眼、ミラーレス、コンデジあたりを使っているでしょうが、これらは電気製品です。

そのため内部に結露が生じたまま電源を入れてしまうと、ショートして故障する危険も。

大切なカメラを壊さないためにも、しっかりと結露対策をすることが重要。

結露防止の対策には保管方法が重要

カメラをどのように保管してますか?

一番しちゃいけないのは、カメラをそのまま机や本箱に置いておくこと。
結露の危険があるのはもちろんですが、ホコリが付いてしまいます。

では、どういう風に保管をすればいいのか見ておきましょう。

カメラバッグを使う

カメラバッグ

結露の原因は急激な温度差ですが、これをなくすにはどうすればいいでしょうか?

答えは、カメラが暖かい空気に触れないようにすること。

外よりも家の中の方が大体は暖かいですが、ならば直接カメラが暖かい空気に触れないようにすればいい。

ならどうするか?
カメラバッグに入れたままにしておけば解決。

カメラバッグに入れてちゃんとふたをしめておけば、外気を遮断することができます。

最終的にはバッグの中も外と同じような温度になりますが、急激に変わるので博ゆっくりと温度変化することに。

このため結露が発生することを抑えて押さえて遅れるので、外から帰って来るときはカメラバッグに入れて家の中に入るようにしましょう。

部屋に入れてしまうと温度差が高いので、最初は廊下などにおいて温度をなじませ、それから部屋に入れると安心です。

僕はドライボックスとか使わずに、カメラバッグに入れて保管してますが、カビが生えたことはありません。
カメラバッグに入れっぱなしも良くはないので、しっかりと保管するならドライボックスなどを使うこと。

カメラバッグなんて持ってないという場合は、タオルとかでぐるぐる巻きにしておけば、ある程度は結露対策になると思います。

カメラバッグの置き場所は?

バッグに入っているからといって、必ずしも安全ではありません。
そのため置く場所もしっかりと考える必要があります。

基本は温度差の少ない場所に置くことで、エアコンなどの空気が直接当たらない場所。

また窓際などの、温度変化や湿度が高くなりやすい場所も避けた場所に置きましょう。

ドライボックスや防湿庫を使う

カメラを湿気やカビから守るのに便利なものが、ドライボックスや防湿庫。

ドライボックス

ドライボックスはプラスチックのケースで、値段も安く簡易的なもの。
湿度計が付いているものだと、BOX内の湿度を確認しやすいので便利。
ドライボックスは単品で使うのではなく、乾燥剤と一緒に使用します。

防湿庫

防湿庫はカメラやレンズを保管するのに最適なものです。

電子制御されているので、自動で湿度を調整してくれます。
そのため乾燥剤を取り換えたりする手間がないので、とても便利。

しかし電源を必要とするので置く場所を選ぶのと、金額がお高いのがネック。
カメラをしっかりと保管したいのであれば、あって損はないものです。

選ぶときは機材が増えることを考えて、少し大きめのものを選ぶと安心。

防水や防滴のカメラなら結露しないんじゃね?

防水や防滴仕様のカメラやレンズでも結露します

そのため、大丈夫だろうとカメラやレンズを放っておけばダメになってしまうので、きちんと対策をしておくことが重要。

防水カメラは水中でも使うことができるので、シュノーケリングなどで水中写真を撮るのに使うことも。

しかし、水中は温度が低く、暖かいところから冷たいところに潜るとレンズが曇ることも。

そうなると水中で写真を撮ろうとしても、曇っているため撮ることができません。

このようなことがあるので、シュノーケリングなどをする際には、カメラを温度が高くならない場所に保管しておくことが大切です。

反対に、海から上がった場合は外気の方が温かいことが多いので、温度変化に注意が必要。
防水でも結露してしまうので、そのことを忘れずに扱いましょう。

それと防水だから水中で使えるといっても、注意すべきことは多いです。

防水パッキンやその接触面に砂など異物が付着していると、きちんとした防水性能を維持できません。

防水機能をきちんと作用させるためには、使用している防水カメラやプロテクターなどの説明書をよく読み正しく使うことが大事。

長く使うために

大切なカメラを長く使うには、結露させないように保管することも必要です。
どのような撮影場所に行くのか、その時の湿度や気温はどのくらいあるのか、結露対策には考えることは多いです。

原因を把握して、しっかりとした対策をたてましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました