シフォンケーキの作り方!失敗しないでふわふわに仕上げよう

お菓子

スポンジケーキにはいくつかの種類がありますが、その一つがシフォンケーキです。

ジェノワーズとは違いバターを使わないので、ふわふわとした食感が特徴的なケーキですよね。

ベーキングパウダーを使うレシピもありますが、この記事ではベーキングパウダーを使わない作り方を紹介していきます。

シフォンケーキ:レシピ(シフォン型17cm)

材料分量
卵黄3個分
グラニュー糖45g
サラダ油30g
卵白4個分
グラニュー糖30g
薄力粉75g

準備しておくこと

  • 薄力粉はふるっておくこと
  • オーブンは170℃に予熱しておくこと

1、メレンゲを作る

角が立つまで泡立てたメレンゲ

油気のないきれいなボウルに卵白を入れて、メレンゲを作ります。

ボウルに油気が残っていると、泡立ちにくいため気をつけましょう。

卵白はそのままだとメレンゲを作りやすいですが、安定性がないためすぐに泡がつぶれてしまします。

グラニュー糖が入ると安定性は良いですが、泡立ちにくくなります。

そのため、最初は少量加え泡立て、ある程度固さが出てきてからグラニュー糖を加えていくことで泡立てやすいですよ。

ハンドミキサーやスタンドミキサーなどがあると、力が強いので気にしなくてもいいです。

2、卵黄・グラニュー糖を混ぜ油を加える

まずは卵黄とグラニュー糖を、白っぽくなるまで混ぜます(ブランシール)。

白っぽくなったらサラダ油・バニラエッセンスを加え、よく混ぜて乳化させましょう。

3、1と2を混ぜます

2のブランシールしたものに、メレンゲの1/3の量を加えて混ぜます。

こうすることでメレンゲの固さを近づけることができるので、メレンゲを混ぜたときに混ざりやすくなります。

残りのメレンゲを加えて混ぜてきます。

ホイッパーで軽く混ぜてから、ゴムベラで混ぜるようにしましょう。

4、薄力粉を加えて混ぜる

薄力粉を2回に分けて加え、混ぜていきます。

軽い生地なので、薄力粉を分ける回数を増やすと気泡がつぶれすぎる恐れがあるので、2-3回くらいに加える回数を分けましょう。

5、型に流し入れて焼く

型に流したら、竹串を2~3周させて余計な空気を抜くとともに、表面をできるだけ平らにならしましょう。

また、オーブンに入れる前に型ごと台にたたきつけて、大きめな気泡を抜くことも大切です。

170℃のオーブンで、30~35分焼きます。

今回は33分焼いています。

6、型を逆さまにして冷ます

焼き上がったら、型を逆さまして冷やします。

逆さまにして冷やすのは、自重でつぶれないようにするためです。

シフォンケーキを冷やすときは、「逆さまにして冷やす」これだけは覚えておきましょう。

7、冷えたら型から外す

中心部は竹串を動かして、型からはがします。

外側はパレットナイフを上下に動かしながら、剥がしていきましょう。

そしたら底の下から押して、型を分離させます。

底面もくっついているので、パレットナイフで同じ要領ではずしましょう。

シフォンケーキで失敗しないためのポイント

  • 生地をよく混ぜる
  • しっかりと焼き上げる
  • 生地に空気が混ざらないようにする

シフォンケーキを失敗しないで作るには、この3つのポイントを少なくとも覚えておきましょう。

底上げしないように生地をしっかりと混ぜること

シフォンケーキの失敗の一つに、底上げというケーキの底が盛り上がったような状態になるものがあります。

これは、生地をよく混ぜないことにより、油や水分がそこにたまってしまうことで起こります。

そのため、卵黄をブランシールして油を加える時は、しっかりとするまで混ぜることが大切です。

焼き縮みしないように生地をしっかりと焼き上げること

シフォンケーキの失敗には、焼き上がった後に生地が縮んでしまうことがあります。

これは、焼きが甘いことによって起こるので、焼き縮みするようなら焼き時間を5分ほど増やしてみるのもいいでしょう。

また、しっかりと冷やさずに型から出してしまうことでも起こるので、焼き上がった後はちゃんと冷ましてから型から外すようにしましょう。

空洞ができないように焼く前の生地に大きな気泡が混ざらないようにすること

シフォンケーキの失敗には、焼き上がった後に内部に大きな気泡ができてしまうことも挙げられます。

焼く前に型に入れたとき大きな気泡が生地に含まれていることが原因なので、それを取り除けばOKです。

手順5でも言っているように、生地を流したら竹串を2-3周まわしたり、型ごと台に軽く叩きつけて大きな気泡を消すようにしましょう。

シフォンケーキの作り方:まとめ

シフォンケーキを失敗しないように作るには、ポイントを押さえておくことが必要です。

基本的には作り方に沿ってやっていけば大丈夫なので、手順通りにできるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました