防犯対策に戸締りをしっかりやる 窓のカギはかけて出かけよう

生活

防犯対策ちゃんとしてますか?

防犯カメラを付けるとかでなく、しっかりと戸締りをしているかということ。

数分だからカギを開けて出てもいいだろうと考えていると、大変なことになる。

ここではそんな防犯対策の話をしていきます。

なぜ防犯対策は必要なの?

物を盗まれるだけならまだしも、事件に巻き込まれることもある。

そのため他人が家に侵入できないように、しっかりと防犯対策をすることが大事。

戸締りをきちんとするのはとても大事で、防犯カメラやセンサーライトをつけると抑止効果も高まります。

窓の補助ロックって有効なの?

はっきり言って、有効ではないです。

力を入れて引けば動いてしまうし、たぶん頑張れば窓を外すこともできると思う。

少し出かける時とか隙間を開けて、補助ロックをしていくことも多いんじゃないでしょうか?

でもあれって、カギを閉めた後にさらに補助的に使うものなので、防犯効果なんてないですよ。

補助ロックの効果がないと感じた体験談

ジョギングに行くときに外に出たときですが、その時に両親は散歩に行きました。

いつもなら忘れないんですが、たまたまカギを持つのを忘れてジョギングから帰ってきて、玄関を開けられませんでした。

そこで部屋の掃き出し窓を、隙間を開けて補助ロックで固定していたので、それをこじ開けることを決意。

腕が入る隙間があったので、補助ロックを動かそうともがく。

しかし緩めることができず、手に届く範囲にあった猫の爪とぎを利用して動かすことに成功。

ぶっちゃけあれは知らない人が見ていたら、泥棒と間違えられても仕方がない。

そんな大きな音が出たわけではないので、隣の家も人にも怪しまれることはりませんでした。

このようなことから、補助ロックは効果がなく、周辺の環境によってはとても危険性が高いものといえます。

補助ロックの使い方

ポイントは

  • 腕が入るような隙間は開けない
  • 隙間から一番遠いところにセットする
  • 窓の近くには長いものを置かない

の三点。

これを一つずつ解説していきましょう。

腕が入るような隙間は開けない

腕っていうか肘まで入ったらアウト。

窓の大きさにもよりますが、補助ロックを外されてしまう。

なので絶対に大きな隙間は開けないようにしましょう。

開けても5-10cm位がギリギリかな。

隙間から一番遠いところにセットする

これはもしも腕が入る隙間があったとしても、開いているところから一番遠くにセットしてればまだマシ。

隙間から近いところにセットしてちゃ鍵の意味がないからね。

窓の近くには長いものを置かない

侵入しようとするやつが何も持ってなくても、すぐそばに長いものがあると補助ロックを外すことができる。

侵入しようとするやつがなんか道具を持ってちゃ意味はないけど・・・。

家にいる時だけ使う

補助ロックはあくまで通常のカギと一緒に使うものだから、窓開ける時に使うなら家にいる時だけにしておこう。

暑くても戸締りを

暑い時は窓を開けて出かけたいですが、しっかりと戸締りをした方が良い。

どうしても開けなきゃいけないときは、二階のベランダや屋根がない場所の窓を開け、換気扇を回しておきましょう。

どこかの窓を開けて換気扇を回すことで、家の中に空気の流れが生まれます。

家に誰もいなくて少しでも暑さ対策をしたい場合は、このようにしておきましょう。

もちろん補助ロックを忘れずにかけて。

コメント

タイトルとURLをコピーしました