風呂場の排水溝が詰まったときにする対処方法は

ラバーカップ生活

風呂の排水口が詰まったことありませんか?

トラブルはいつも突然やってきて、髪を洗っていたら水が流れず危うく脱衣所が水浸しになりそうなことも。

そんな時の対処法ですが、ちゃんと道具を揃えていますか?

何が原因で起こるのかそれを把握して、しっかりと対処することが大事。

今回は風呂の排水口が詰まったときの対処法です。

なぜ排水口が詰まるのか

風呂場の排水口の話ですが、キッチンや洗面所も似たことで詰まる。

配水管が狭まってる

風呂場は体や髪を洗うため、毎日髪や皮脂が配水管に流れることになる。

そのまま流れればいいが、皮脂は配水管の内側に付着します。

皮脂に髪が付着し、さらに皮脂がくっついてが繰り返される。

それが積み重なっていくと次第に管が狭まってしまい、水が流れにくくなり排水管が詰まる原因に。

異物が排水管に挟まっている

掃除などをしているときに、歯ブラシやたわしなどを間違って管に落とすことがある。

それだけで水の通りが悪いが、そこに皮脂や髪が絡まりつけば余計流れが悪くなり詰まる原因に。

排水管が詰まったらどう対処すればいいのか?

排水管の詰まりを解消するにはいくつかの方法があり、順番に試していく必要があります。

また自分で行う場合は壊れても自己責任なので、業者に依頼した方が安心。

お湯を流す

皮脂が管に付着し時間が経っていない場合、熱いお湯を流すことで改善することも。
お湯で柔らかくなって、皮脂が流れやすくなる。

しかしこのやり方は何も道具がなく、軽い詰まりの時に有効なため気休め程度に思っておきましょう。

パイプクリーナーを流す

パイプユニッシュ

配水管専用の洗剤で、パイプユニッシュやパイプハイターなど色々な製品がある。

これは皮脂や髪を溶かして、流れを改善する。

使い方は配水管にパイプクリーナーを流して、しばらく放置して水で流す。

使う場合はお湯を流して柔らかくしておくと、よりよい効果が期待できる。

しかし緊急時に使うというよりは、日ごろの掃除に使って詰まりを予防するのに向いている。

ラバーカップを使う

ラバーカップ

うちの排水溝は、お湯→パイプクリーナー→ラバーカップで水が流れるようになりました。

名前を言われてもわからないけど、実物を見ればわかるという人は結構多いと思います。

僕も調べるまで名前を知りませんでした(笑)

そして意外と、これの使い方も間違えていることも多い。

使い方は、詰まりの原因を押し流すように思えますが、逆です。

排水溝にセットしてゆっくりと押していき、そのあとは一気に引く。

排水管の中で詰まったものを引き出すようにする。

押してしまうと、さらに奥の方で詰まってしまう原因にもなるので気を付けましょう。

詰まっているものを削る

管にこびりついた皮脂などは、固まると簡単にはとれません。

そんなときは削って剥がすことになるが、専用のものがない場合はハンガーなどの針金を使って代用できる。

近い距離しか削れないが、ある程度削ぐことができれば流れがよくなる。

余裕があれば専用の物を用意しておくと安心。

しかし使う場合は、管を傷つけないよう注意が必要が。

それでも詰まりが解消されないときはどうすればいいのか?

パイプユニッシュやラバーカップなどを使っても、詰まりが解消されないときは、業者に依頼しましょう。

自分でやっていると間違って壊すこともあるので、業者に依頼するのが確実で安心。

日ごろから予防しておこう

日ごろから配管を綺麗にしておくことで、ある程度は予防できる。

急に詰まってしまうと道具がなかったり、業者に依頼すると費用が高くなるので、定期的にパイプクリーナーを使って綺麗にしておくと安心です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました