※PR 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

風呂場のつまりはラバーカップorパイプユニッシュ?業者に依頼するのも選択肢!

PR 当ページのリンクには広告が含まれています。

この記事では、風呂場の排水溝のつまりの解消方法を紹介していきます。

トラブルはいつも突然やってきて、髪を洗っていたら水が流れず脱衣所が水浸しになることも…。

そんな時に対処できるように、ちゃんと道具を揃えていますか?

また、何が原因で配水管が詰まるのか把握して、普段から予防しておくのも大事です。

風呂場のつまりをなくして、快適に生活できるようにしましょう。

目次

排水管が詰まる原因

詰まる原因
  • 排水管が狭くなってる
  • 排水管に異物が詰まってる

排水管が詰まる原因には、上記の理由が挙げられます。

それぞれ確認していきましょう。

①排水管が狭くなっている

排水管が詰まる原因①は、配水管が狭くなっているからです。

風呂場は体や髪を洗うため、毎日髪や皮脂が排水管に流れます。

そのまま流れればいいのですが、皮脂は排水管の内側に付着するんですよね。

その皮脂に髪が付着し、さらに皮脂がくっついてが繰り返されます。

それが積み重なっていくと、次第に排水管が狭まって水が流れにくくなり、排水管が詰まる原因になります。

②排水管に異物が詰まっている

排水管が詰まる原因②は、排水管に異物が詰まっているからです。

掃除などをしているときに、歯ブラシやたわしなどを間違って排水管に落とすことがあります。

異物を落として流れていかないと、それだけで水の通りが悪くなります。

さらに、そこに皮脂や髪が絡まりつけば、余計流れが悪くなり詰まる原因になるんですね。

そのため、排水管には絶対に歯ブラシやたわしなどを落としちゃだめですよ。

排水管が詰まった時の対処法

対処法
  1. お湯を流す
  2. パイプユニッシュを流す
  3. ラバーカップを使う
  4. 詰まっているものを削る

排水管が詰まった時は、上記の順番に試していく必要があります。

また、自分で行う場合は壊れても自己責任なので、業者に依頼した方が安心です。

①お湯を流す

排水管が詰まった時の対処法①は、お湯を流すことです。

皮脂が排水管に付着し時間が経っていない場合、熱いお湯を流すことで流れが改善することもあります。

これは、お湯で皮脂が柔らかくなって、流れやすくなるためです。

しかし、このやり方は軽い詰まりの時に有効なため、気休め程度に思っておきましょう。

②パイプクリーナーを流す

パイプユニッシュ

排水管が詰まった時の対処法②は、パイプクリーナーを流すことです

排水管専用の洗剤で、パイプユニッシュやパイプハイターなど色々な製品があります。

これらの洗剤は、皮脂や髪を溶かして流れを改善する効果があります。

使い方は、排水管にパイプクリーナーを流して、しばらく放置してから洗い流すだけ。

パイプクリーナーを使う場合は、お湯を流して排管に付着した皮脂を柔らかくしておくと、より効果が期待できますよ。

しかし、緊急時に使うというよりは、日ごろの掃除に使って詰まりを予防するといいでしょう。

③ラバーカップを使う

ラバーカップ

排水管が詰まった時の対処法③は、ラバーカップを使うことです。

うちの排水溝は、お湯→パイプクリーナー→ラバーカップで水が流れるようになりました。

ラバーカップと言われてもわからないけど、実物を見ればわかるという人は結構多いと思います。

僕も調べるまで名前を知りませんでした(笑)

そして、意外とラバーカップの使い方も間違えていることも多いんです。

ラバーカップの使い方は、詰まりの原因を押し流すように思えますが、実は逆です。

排水溝にラバーカップをセットしてゆっくりと押していき、そのあとは一気に引きます。

ラバーカップは、排水管の中で詰まったものを引き出すように使用するのが正しい使い方です。

押してしまうと、さらに奥の方で詰まってしまう原因にもなるので気を付けましょう。

④詰まっているものを削る

排水管が詰まった時の対処法④は、詰まっているものを削ることです。

排水管にこびりついた皮脂などは、固まると簡単にはとれません。

そんなときは皮脂を削って剥がしますが、専用のものがない場合はハンガーなどの針金を使って代用しましょう。

ハンガーとかだと近い距離しか削れませんが、ある程度削ぐことができれば流れがよくなりますよ。

余裕があれば専用の物を用意しておくと安心です。

しかし、こういった器具を使う場合は、排水管を傷つけないよう注意が必要になります。

SANEI(旧社名:三栄水栓製作所)
¥1,798 (2024/02/13 17:29時点 | Amazon調べ)

自力でつまりが解消できなければ業者に依頼

パイプユニッシュやラバーカップなどを使っても、排水管の詰まりが解消されないときは、専門業者に依頼しましょう。

自分でやっていると間違って壊すこともあるので、業者に依頼するのが確実で安心です。

まとめ:日ごろから排管のつまりを予防しよう

日ごろから配管を綺麗にしておくことで、ある程度はつまりを予防できます。

急に排水管が詰まってしまうと、道具がなかったりしますよね。

また、業者に依頼すると費用がそれなりにかかるので、定期的にパイプクリーナーを使って排水管を綺麗にしておくのをおすすめします。

目次