フォカッチャの作り方!イタリアの平たいパンを手でこねよう

料理

売ってるフォカッチャを食べるものいいけど、自分で作って食べてみたい。

こんなことを思ったことありませんか?

そこで今回はフォカッチャの作り方を紹介します。

久しぶりに作ったので、手順や発酵のさせ方が間違ってたら大目に見てください。

フォカッチャ・レシピ

薄力粉      300g
強力粉      200g
塩         6g
ドライイースト   6g
ぬるま湯     260g
砂糖      一つまみ

分量外
塩、オレガノ、オリーブオイル

イースト・ぬるま湯・砂糖を混ぜる

適度な大きさのボウルにイースト・ぬるま湯・砂糖を入れて数分放置。

粉と液体を混ぜる

大きなボウルに薄力粉・強力粉・塩を入れ真ん中をくぼませる。

くぼませたところに、イーストとぬるま湯を入れて混ぜる。

ボウルの中でまとめるが、その際はまだ記事がぼそぼその状態。

捏ねる

台の上で生地をこねていく。

手のひらの付け根あたりに体重をかけるようにして、しっかりと捏ねる。

捏ねていると次第に柔らかくなるので、そうなるまで捏ねる。

この分量だと多くないのでそれほど時間がかかりませんが、分量が多くなるととても疲れる。

なので最初はこのくらいの分量で作っていった方が、柔らかくなった時の感触も捏ねてて分かりやすい。

柔らかくなるとぼそぼそ感がなくなり、表面が滑らかになる。

ここまでなっていれば、捏ねるのは終了。

一次発酵させる

捏ねるのが終わったら一次発酵です。

ボウルに入れ、霧吹きでたっぷりを水をかける。
ラップをして1次発酵。

僕は鍋に50℃くらいのお湯を入れて、鍋の蓋にする感じで温度調整してます。

この方法でやる場合は、ボウルの底はお湯にはつからないようにしましょう。

発酵を待っている間に、バットにクッキングシートを敷いておく。

一次発酵の目安は、二倍くらいに膨らんで、指を差したあとがそのまま残るくらい。

穴が戻る場合は、発酵不足。

バットに移して二次発酵

ボウルから取り出すため、強力粉を表面とボウルとの境目に掛け、カードで少しづつはがす感じで取り出す。

多少崩れても問題ないが、生地がちぎれたりしないようにしよう。

外したらバットに移して、全体を手のひらで軽くたたいてガス抜き。
そしてバットの角まで押しながら、広げていく。

霧吹きで水をかけて二次発酵。

ラップをしないので、結構水をびちゃびちゃに掛けないと、表面が乾燥するので注意。

あとこの段階でオーブンを250℃に予熱しておく。

二次発酵を行う際は、40℃くらいのお湯が入った鍋の上に置いてやってます。

発酵完了の目安は、2倍くらいに膨らんだ頃。

二次発酵が終わったところ。
水が足りなかったので、表面が乾燥しているところがある。
乾燥しそうなら、途中で霧吹きで水を掛けよう。

指で穴をあけて焼く

今度は軽く霧吹きで水をかけ、全体的に指で穴をあけ、塩・オレガノ・オリーブオイルをかけ、250℃のオーブンで20分焼く。

焼く際は10分焼いたら手前と奥を入れ替えるようにすると、全体の焼き色が均一になる。

焼き上がり。
焼き終わったら、バットから外して網の上に乗せて冷ます。

冷ましたら、適当な大きさにカットして食べましょう。

熱い状態もおいしいですが、その場合はやけどしないようにカットしよう。

フォカッチャの作り方

手でこねる楽しみ

ホームベーカリーがあると簡単にパンを作ることができるが、材料を計量するだけで面白みがない。

捏ねるのと一次発酵をホームベーカリーに任せるのも一つの手段だが、荒いものが増えるので面倒でもある。

なのでパンを一から手作りするのも、たまにはいいのではないだろうか?

ちなみには僕はパン作ってるとめっちゃ汗かきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました