革のなめしの種類や特徴、染色方法

レザークラフト

革にも色々なものがあり牛革や馬革、蛇革など様々あります。

ですが今回はそのような種類でなく、鞣し(なめし)の種類や特徴などを簡単に説明していきます。

革と皮

レザークラフトをするには、まずは革と皮についてちゃんと違いを知っておくことが大事。

といっても違いは簡単で、鞣し(なめし)ているかいないかの違いです。

  • 鞣していないものが皮
  • 鞣しているものが革

皮はそのままだと腐ってしまい、革はレザークラフトなどに使う。

革の銀面・床面・コバについて

レザークラフトをすると、銀面やとこ面などといった言葉を耳にすることになります。

これは表側や裏側のことなので、区別できるようにしておきましょう。

銀面(ぎんめん)

銀面は革の表側のこと。

滑らかな質感で綺麗なので、作品を作る際には基本的に銀面を表側にして作る。

床面

革の裏面のことで、ざらざらしている。

そのまま使っているとボロボロとくずが出たり、見た目や耐久性の悪さなどがある。

そのためトコノールなどを使って磨き、磨くことで毛羽立ちが抑えられ、見栄えや手触りなどが良くなる。

コバ

革を切ったときの断面

こちらもざらざらしており見た目や耐久性が悪くなるので、トコノールなどを使って磨く。

コバは見える部分は目立つので、しっかりと磨いて光らせておきたい。

鞣し(なめし)の種類

鞣しは方法によって特徴が大きく違ってくるので、しっかりと把握しておくことが大切。

といっても、ここではタンニン鞣しをおすすめするので、他の説明は簡単に済ませます。

タンニン鞣し

植物のタンニンでなめしたもので、質感は固めです。

経年による色の変化を楽しむことができ、革を楽しみたいのであれば、タンニン鞣しの革を選ぼう。

タンニン鞣しの革は、鞣したあとの仕上げの方法によって特徴がことなる。

ここではヌメ革とタンローの簡単な説明をします。

ヌメ革やタンロー以外には、オイルレザーやサドルレザーなど色々ある。

ヌメ革

鞣したあとに表面仕上げをしない、自然な風合いの革

エイジングを楽しみたいのであれば、ヌメ革を選んでおけば大丈夫。

しかし売っているお店によっては、染色してあるものもヌメ革と表記されていることもあるので、その点に注意しよう。

タンロー

タンローとはタンニン鞣しろうけつ染め用の略であり、 ろうけつ染という工程をすることを想定している。

タンニン鞣しのあとに染色しやすいように、 脱色・脱脂加工を施したもの 。

そのため、ヌメ革よりも色が白い傾向にある。

クロム鞣し

塩基性硫酸クロムで鞣した革。

柔らかいこともあり、レザークラフトでは使いにくい。

コンビネーション鞣し

クロム鞣しをした後にタンニン鞣しを行ったもの。

クロム鞣しとタンニン鞣し両方の特徴をもつ。

着色について

ヌメ革を使ってエイジングを楽しむことも選択肢の一つですが、自分の好きな色に着色して使うのも選択肢にある。

その際に使うものに染料と顔料があり、それぞれの特徴を把握しておくことが大事。

染料

エイジングを楽しむことが可能。

染料は革に染みこませるので、革の質感や表情を楽しめる。

表情が見えるので、染色する場合は革の状態が良い、傷の少ないものに使われる傾向がある。

染色が芯まで行っていないと、切断面が色がついているところと付いていないところが目立つ。

その場合はコバ磨きをする前に着色する必要があり、その点に気を付けよう。

顔料

これは染みこませるのではなく、上に塗る感じ。

大げさに言えば壁にペンキを塗った時、下地が見えないのと同じ。

そのため表面に傷があったりしてもそれを隠すことができ、グレードの低い革に使われやすい。

きれいな色味を長い間維持したいという場合に、向いている着色方法。

タンローを使っていればいい

個人的な考えですが、レザークラフトをするときはタンローを使っていれば、間違いないと思っています。

タンローでもちゃんとエイジングすれば色は深まるし、染色すれば好きな色にもできる。

このようなこともあるので、小物作りでどんな革を選べばいいか迷ったら、タンローを使うのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました