宮城県仙台市の秋保大滝!紅葉時期やアクセス方法などご紹介!

この記事では、宮城県仙台市太白区にある秋保大滝について紹介していきます。

秋保大滝は、日本の滝100戦にも選ばれている名瀑で、落差55m・幅6m。

近くには秋保温泉もあるので、旅行の際に立ち寄るのもいいでしょう。

目次

秋保大滝の雰囲気を写真で確認

滝見台から見た秋保大滝がこちら。

駐車場から秋保大滝不動尊のわきを通っていくと、秋保大滝の滝見台につきます。

滝つぼまで行くには、しばらく歩いていくことになるので動きやすい服装で行きましょう。


秋保大滝の滝つぼまでは橋を渡ったら左手に入口があります。

入り口向かいにも駐車場がありますが、観光シーズンなどは混んでいるので注意しましょう。


秋保大滝の滝つぼまで行くには、階段を下る必要があります。

下るのは良いですが、登るのは大変なので体力がない人は気を付けましょう。


下まで降りてくるとこんな感じ。

秋保大滝の滝つぼからは水しぶきが飛んで、夏は涼を得ることができます。

水も澄んでいて川底が見えるのも、きれいでいいですよ。

秋保大滝の紅葉の見頃時期は10月中旬から11月上旬

秋保大滝の紅葉は、例年10月中旬~11月上旬が見頃です。

雄大な秋保大滝を、紅葉が彩って見ごたえ抜群。

滝を見た後は、名取川沿いをドライブして紅葉を楽しむのもいいでしょう。

秋保大滝へのアクセス方法

名称秋保大滝
住所宮城県仙台市太白区秋保町馬場字大滝
アクセス①東北自動車道 仙台南ICから車で約30分
アクセス②バス 宮城交通 JR仙台駅から秋保大滝行
市営バス JR愛子駅から秋保温泉・二口方面線行
駐車場普通自動車 約200台
大型自動車 約6台

秋保大滝へのアクセス方法をまとめました。

秋保大滝に行くには、車またはバスを利用しましょう。

車で行く時は、東北自動車道仙台南ICから約30分ほどで着きます。

バスを利用するときは、仙台駅または愛子駅から秋保大滝行きがあります。

仙台駅から宮城交通を利用すると、土曜・休日のみの運行しかないので注意が必要です。

目次