苗名(なえな)滝 新潟県にある日本の滝百選に選ばれている三つのうちの一つ

生活

新潟県には日本の滝百選に選ばれているものが三つあり、その一つが苗名(なえな)滝です。

他の二つは惣(そう)滝、鈴ヶ滝です。

苗名滝

苗名滝は、落差55mの直瀑です。

新潟県と長野県の境に、苗名滝はあります。

見に行く場合は新潟県妙高市にある、駐車場から歩いていきましょう。

観光名所でもあるので、駐車場横にはお店もありしっかりと休憩することができますよ。

駐車場からは15分ほど歩いて、滝の近くまで見に行くことができます。

歩くといっても遊歩道が整備されているので、山道を歩くような感じではありません。

ですがつり橋を二回歩くことになるので、揺れるのが苦手な人は気力で渡り切ってください。

遊歩道は川の脇を通っているので、涼しく移動することができます。

夏場は避暑地として利用するのも選択肢の一つでしょう。

苗名滝は水量が多い滝で、春先の雪解け時はとても見ごたえがあります。

6月の終わりでもこの水量です。
水しぶきが飛んできたりするので、カメラを構える時は多少の注意が必要ですよ。

今回の写真は初夏のものになりますが、秋の紅葉シーズンも赤や黄色に彩られた苗名滝を眺望することができます。

紅葉スポットとしても有名な場所なので、時間が合えばぜひ行ってみてください。

苗名滝の周辺のスポット

旅行とかで行くのなら、赤倉温泉や池の平温泉に泊まるの選択肢ではないでしょうか?

また国道18号を長野方面に進めば、野尻湖につきます。

野尻湖周辺で宿をとるのもいいでしょう。

苗名滝へのアクセス

車で移動するのであれば、上信越自動車道の妙高高原ICで降りて、国道18号を長野方面に向かいます。

その後は県道39号で右折して途中の看板通りに進んでいけば、苗名滝の駐車場に出ます。

電車で行く場合は、妙高高原駅からバスを乗り継いでいく必要があるので注意しましょう。

おすすめの移動方法は車ですね。

新潟市から行く場合は、海沿いから行くのがおすすめです。

途中までほとんど信号はないし、道も単調ではないので飽きません。

でもスピードの出しすぎには注意しましょう。

もちろん高速道路で行きたい人はそっちの方が早く着くので、体力の温存にも役立ちます。

まとめ

苗名滝は冬の時期以外は、楽しめるでしょう。

冬場は雪が積もって歩いて移動するのが無理なので、雪山を登ったりしている人以外は無理です。

水辺でもあるので、慣れてる人でも行かない方が良いでしょうけど。

何度も行けないという人は、秋の紅葉シーズンが彩りが綺麗なのでその時がおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました