風景写真や物撮りにはレリーズは必需品!?三脚を使うなら持っておきたい

カメラのレリーズカメラ

風景写真で三脚を使えば、カメラのブレを抑えられると思っていませんか?
実は三脚を使っていてもブレることがある。

シャッタースピードが遅ければブレるのは、被写体が揺れるから仕方ありませんが、その際にはカメラが揺れることも。

なぜ三脚を使っていてもカメラが揺れるのか、それはシャッターボタンを手で操作するため。

そんな時に便利なものがレリーズ。
どんな時に使うものなのか確認しておきましょう。

レリーズって何?

カメラのレリーズ

直接カメラに触れなくても、シャッターを切れるリモコン。

三脚を使っている時、シャッタースピードを上げられない時に利用する。

三脚を使う時シャッタースピードが速ければ、ボタンを押した際の揺れも大してきにならない。
でもシャッタースピードが遅いと、ボタンを押した際の揺れの影響を受けやすくなる。

そのため、直接触らずにシャッターを切るために、レリーズが必要になる。

レリーズの選び方

カメラメーカーによって端子の形状が違うため、ちゃんと対応したものを選びましょう。

有線と無線があるが、有線の方が安心して使える。

レリーズの使い方

カメラにレリーズをセットしたところ

カメラに装着すれば使うことができる。

三脚にカメラをセットして使う際は、気を付けなければいけないことがある。

ケーブル付きのレリーズで気を付けること

ケーブル付きのレリーズはワイヤレスに比べて確実性があるが、ケーブルが付いていることで気を付けるべきことがある。

引っ張りすぎないこと

カメラと直接つながっているので、引っ張りすぎると構図がずれてしまう。

また三脚が転倒することもあるので、レリーズを持ったまま動かないようにしたい。

余った長さが邪魔になる

レリーズのケーブルを三脚に洗濯ばさみで固定

ケーブルがあると、余分な長さは邪魔に感じる。
そんな場合は、三脚のハンドルに洗濯ばさみなどで止めておくと邪魔にならない。

強風の時などたるんだケーブルが、風にあおられてブレることもあり、必要ない長さは束ねておくと安心。

ワイヤレスのレリーズで気を付けること

ワイヤレスのレリーズはケーブルがないので使い勝手がよさそうですが、気を付けることがある。

障害物があると操作できない

受信方式によっては違いますが、赤外線方式の場合は障害物があると操作できません。
また受光部に向かってリモコンを向ける必要があるので、カメラの向きによっては受信しない。

ほとんど電波式に変わっているので、無線のレリーズを選ぶ時は電波式を。

レリーズがない時はどうすればいい?

レリーズを持っていない場合は、セルフタイマーを使ってブレなくすることが大事。

セルフタイマーを使えば、シャッターボタンを押してもすぐに撮るわけじゃないので、手を放す余裕ができます。

レリーズを買おうか迷ってる、レリーズを持ってくるのを忘れてしまった、という場合はセルフタイマーを活用しよう。

風景写真を撮るなら必需品

レリーズは風景写真を撮るには必需品なので、三脚を使って滝や山などを撮る時は必ず用意しておこう。

ケーブル付きのものは注意すべき点も多いですが、動作も安定してるのでおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました