ローストビーフを作ろう オーブンを使わなくても作る方法 赤ワインソースもあるよ

赤ワインソースをかけたローストビーフ料理

たまに無性にローストビーフを食べたくなる時ってありませんか?

でも作るのが面倒で諦めてしまう。

たぶん面倒と感じているのは、オーブンで焼くからじゃないでしょうか?

なので今回は、オーブンを使わないで作る方法を紹介します。

ローストビーフ:レシピ

牛ももブロック 常温に戻しておく

胡椒

準備
鍋にたっぷりの水を入れて、沸かしておく。

肉に塩コショウをする

牛ブロック肉に塩・胡椒をもみこむ

塩・胡椒をもみこむようにまぶす。
塩コショウをしたら、5分くらい放置。

ブロック肉は厚みもあるので、ちょっと多いかなくらいの塩加減でOK。

フライパンで表面を焼く

牛ブロック肉を焼く

表面をこんがりと焼いて、肉汁を閉じこめる。

牛ブロック肉の側面を焼く

焼く際にはすべての面をしっかり焼く。

フライパンは赤ワインソースを作るのに使うので、洗わないでおこう。

袋に入れて湯煎にかける

焼いたブロック肉を袋に入れて湯煎にかける

表面を焼き終わったら、少し粗熱を取り袋に入れる。
ジップロックを使うと安心。

鍋のお湯につけますが、そのままじゃ熱いので80℃くらいまで下げておく。
目安ですので、それよりも高くても問題はない。

逆に低すぎると中心部まで熱が伝わらないため、食中毒の原因にもなるので低すぎるよりは熱い方が安心。

また、たっぷりのお湯を用意することで、少ない量のお湯より温度がさがりにくくなるので、温度が下がるのを緩やかにしてくれる。


お湯に入れて、二十分ほどで出来上がり。

温度計があれば肉の中心にぶっ刺して、70℃くらいになって入ればいい。

なければ金串とか刺してその熱さで温度を感じ取ったりしますが、その際はやけどに注意しましょう。

時間を短くすることでレア気味にできるが、食品衛生上きちんと熱を加えておく方が安全。

袋の中に少し肉汁が溜まっていますが、赤ワインソースを作るのに使うので取っておきます。

赤ワインソース:レシピ

赤ワイン            300cc
コンソメ(キューブ)       1個
玉ねぎ             1/4個
オレンジジュース        50cc
砂糖              適量
肉汁              ローストビーフを作って出てきたもの
ブールマニエ(バターと小麦粉を同量合わせたもの) 適量

玉ねぎを炒める

飴色になるまで玉ねぎを炒める

玉ねぎはフライパンであめ色になるまで炒め

ここでしっかりとあめ色になるまで炒めることで、甘味が出てコクが増す。

材料を煮詰める

煮詰める

肉を焼いたときに使ったフライパンに、赤ワイン、コンソメ(キューブ)、炒めた玉ねぎ、オレンジジュース、肉汁を加えて適度に煮詰める。

赤ワインとオレンジジュースの酸味、それにコンソメの塩気が残っているので、砂糖を加えて甘みを足す。

ブールマニエ

これだけだとソースがさらさらしすぎなので、ブールマニエを加えて少しだけとろみを出す。

濾す

裏ごし

ボールにザルをかけて濾す。

玉ねぎの甘さを絞るような感じで、水気を絞ったら完了。

ぶっちゃけワインやオレンジジュースの分量は適当でも大丈夫。

オレンジジュースを多くすると、味がオレンジジュース色が強くなるので避けよう。

ワインは余ってるのを使いたかったから、量らずにやってるし。

そして、皿にローストビーフを盛り付けて、赤ワインソースをかければ出来上がりです。

赤ワインソースをかけたローストビーフ

写真では肉だけですが、下にサニーレタスを敷いたり、クレソンをトッピングしたりすると見栄えがよくなる。

手軽に作れる

オーブンを使うと焼き色が付きすぎたりと、温度管理が大変です。

しかし湯煎で中まで火を通せば、焼き色を気にせずにできます。

内部の色もそんなに気にしないのであれば、湯煎にかけたら放置しておいても大丈夫。

こんな感じで手軽に作れるので、ローストビーフ作りに挑戦してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました