使いやすいゴムベラの選び方!凹凸の少ないものを選ぼう

道具

ゴムベラってなんでもいいやって思っていませんか?

ですが粉を混ぜるにあたり、ちゃんとしたものを選んでおいた方が安心して使うことができます。

そこで今回は使いやすいゴムベラの選び方を紹介していきます。

ゴムベラって何

ゴムベラは、プラスチックやシリコンで出来たヘラのこと。

材料や粉を混ぜ合わせたり、ボウルに残った生地をかき集めたりするときに利用します。

ゴムベラの選び方

選び方ってとても重要で、少しの違いが作業のしやすさに大きな影響を及ぼすので注意しましょう。

素材

これはシリコン製を選んでおけば安心です。

カラメルを作るときは高温になってしまいますが、その際にプラスチックのゴムベラでは溶けてしまいます。

しかしシリコン製のゴムベラは、耐熱性があるので高温にも耐えることが可能。
もちろん火であぶったり、高温の油とかは無理ですが・・・。

まあこのような理由があるので、予算がないなどの特別な理由がない限りは、シリコンゴムベラを利用するのをおすすめします。

ゴムベラって全部似たようなものじゃないの?って思うかもしれませんが、押さえておきたいポイントがあります。

それが不要な凹凸がないことです。

凹凸があっても使うことはできますが、その段差に生地が付いたり、うまくボウルに密着しないということもあります。

こんな感じですね。
下のはまたちょっと意味合いが違いますが、このでっぱりがちょっと邪魔になったりします。

この写真のゴムベラは上がシリコンで下がプラチックですが、両方100均です。

100均でも使えなくはないですが、気持ちよく作業するのであればちゃんとしたものを買うのがおすすめ。

予算がないなら100均で買いましょう。

使いにくいもので慣れることで、使いやすいものに移行したときに楽になります。

洗うのが楽な物

これは柄と先端が一体化しているものがいいです。

柄と先端が分離するものは、洗うのにそれぞれ分解する必要があり、さらに洗う部分が増えるため衛生的にも良くありません。

そのため必ず一体化しているものを選びましょう。

僕が使っている百均のシリコンゴムベラは分離するので、衛生面には気を付ける必要があります。

おすすめのゴムベラは?

おすすめは特にありませんが、メーカー製のシリコンゴムベラを購入しておけば安心です。

快適な作業を

作業が快適かどうかによって、作るときの効率が大きく変わります。

なので道具は使いやすいものを利用するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました