菱目打ちの選び方!どんなのを選べばいいの?

レザークラフト

レザークラフトをするうえで菱目打ちは必需品です。

革を縫い合わせるためには穴を開けることになりますが、その穴の形状も重要なんです。

そこで菱目打ちを使うわけですが、選び方を間違えてしまうと大変なことに。

なので今回は菱目打ちの選び方について、軽く紹介していきます。

菱目打ちとは

菱目打ちとは革に穴をあける道具です。

開けた穴の形が菱型をしているので、菱目打ちと呼ばれます。

菱目打ちの選び方

  • ピッチ
  • 太さ
  • 目数

これだけは押さえておきましょう。

菱目打ちは選び方を間違えると、えらい目にあうので注意が必要です。

僕も最初買った時に安いものを買って失敗しているので、注意しましょう。

ピッチ

刃の中心と中心の間隔のことです。

ここで注意しなくちゃいけないことがあって、しっかりとピッチ間隔を確認することです。

クラフト社の菱目打ちは刃の幅で記載されていて、2mm幅だとピッチ間隔は4mm、1.5mmだと3mmといった感じになります。

それでピッチ間隔の選び方ですが、薄い革や小物を作るなら3mm、厚い革や大きめのものを作るなら5mm位を用意しておきましょう。

太さ

刃の太さも考える必要があります。

これは使う針や糸なども考慮しなければいけませんが、あけた穴が小さいと針が通りにくいんですよ。

さらに糸も通すことになり、二本の糸が通ることを考えると小さいと無理です。

そのためある程度の太さが必要になります。

個人的におすすめはクラフト社ですね。

ピッチ幅をちゃんと確認しておけば、作りもしっかりしてるし信頼できますよ。

目数

穴開ける時は目数はとても重要です。

レザークラフトって結構直線縫うこと多いですよね。

そんな時に目数が少ないと、何度も穴を開ける作業を繰り返す必要があります。

でもだからといって目数が多いとカーブとか細かい部分に使うことができません。

なので優先順位としては、2本目>4本目>1本目>6本目といった方が良いと思います。

2本目は直線もカーブもいけるし、直線が面倒になれば4本目を買って、細かい微調整が必要になってくれば1本目を用意するのがいいでしょう。

なので最悪2本目だけ持っとけば何とかなります。

菱目打ちまとめ

菱目打ちを選ぶ時は

  • ピッチ
  • 太さ
  • 目数

これを意識して買うようにしましょう。

安いものとかも多く販売されていますが、基本的にある程度の値段のするものを選ぶ方が安心できますよ。

どのメーカーのものを選べばいいか迷ったら、クラフト社の菱目打ちにしておけばおおむね大丈夫です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました