胎内市チューリップフェスティバル!菜の花も一緒に楽しむことができます

新潟の情報

胎内市はチューリップ球根生産が日本一と言われているほど、チューリップの数が多い市になります。

4月下旬から5月上旬には、チューリップフェスティバルが開催され毎年賑わいを見せています。

この記事では、そんな胎内市のチューリップフェスティバルを紹介しているので、興味がある人は除いてみてくださいね。

胎内市チューリップフェスティバルの雰囲気を写真で確認しましょう!

胎内市チューリップフェスティバルの会場では、一面チューリップ畑が広がります(奥に見えるのは菜の花)


色とりどりの花が咲いているので、見ごたえが抜群です。


チューリップフェスティバル会場では、チューリップの近くを園路が通っているので間近で花を楽しむことができます。


菜の花畑の方は、園路が文字になっていて空から見た映像があると何が書いてあるか分かります。

会場内に空からの映像を写したものがあるので、そちらから確認することができますよ。


胎内市チューリップフェスティバルの料金や注意事項はあるの?

胎内市チューリップフェスティバルでは、協力金として200円(未就学児無料)が必要です。

この協力金は、イベント会場の整備などに使われるので、その点の理解と協力をしっかりしましょう。

また、会場内の約80万本のチューリップは、生産農家の栽培する出荷用のチューリップになります。

会場内のチューリップは、農家さんの大切なチューリップなので、花を傷つけたり引っこ抜いたり畑内に入らないようにしましょう。

園路からでも十分に近づくことができるので、十分に楽しむことができます。

胎内市チューリップフェスティバルにはどのようなイベントがあるの?

  • 板額御前演武
  • イベント広場でのパフォーマンス
  • チューリップウェディング

胎内市チューリップフェスティバルでは、期間中にこのようなイベントを行っています。

それぞれの日にちを公式サイトで発表しているので、行く際は事前に確認してから行くようにしましょう。

板額御前(はんがくごぜん)演武

板額御前(はんがくごぜん)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した女性武将で、胎内市で生まれ育ちました。

その板額御前をテーマにした、演武になります。

イベント広場でのパフォーマンス

胎内市チューリップフェスティバルでは、参加者が演奏やダンスなどを披露します。

こちらは事前に出演者を募集しているので、しっかりと確認しておきましょう。

チューリップウエディング

胎内市チューリップフェスティバルでは、花に囲まれた中でチューリップウェディングを行います。

事前に応募した中から2組?が選ばれて、午前と午後に分かれて開催されます。

胎内市チューリップフェスティバルの開催場所は?アクセス方法を確認しましょう!

開催場所
新潟県胎内市築地2860(長池憩いの森公園内)
アクセス方法
日本海東北自動車道:中条ICから車で5分
JR:羽越本線中条駅から車で10分

胎内市チューリップフェスティバルの開催場所は、胎内市築地2860にある長池憩いの森公園内で行われます。

アクセスする際は車で行くのが一番で、中条ICを降りたら日本海側に向かって走ると5分ほどで右側に駐車場が見えてきます。

高速道路を使わないのであれば新潟市方面からくるのなら、113号線から中条IC方面に曲がれば5分くらいで左に見えてきますよ。

胎内市チューリップフェスティバルの周辺の観光スポット

  • 親鸞聖人像
  • 越後の里親鸞聖人 西方の湯

胎内市チューリップフェスティバルの近くにある観光スポットは、以上のようなものがあります。

親鸞聖人(しんらんしょうにん)像は、113号線を村上方面に走っていくと左手に見えてくる大きな像です。

113号線をドライブしていると印象にとても残るので、興味があれば行ってみましょう。

また、併設されている越後の里親鸞聖人 西方の湯は、黒湯とも呼ばれる黒褐色をした特徴的な色の温泉なので、温泉好きな人は一度は入ってみたらいいかもしれませんね。

胎内市チューリップフェスティバルの雰囲気やイベントまとめ

胎内市チューリップフェスティバルでは、期間中は楽しいイベントが開催されています。

屋台が出ていたり、併設されている農産物直売所リップルでは胎内市で採れた農産物を売っていた李食事もすることができるので、時間があればぜひ寄ってみましょう。

チューリップフェスティバル期間中なら臨時駐車場も合わせて400台停めることができるので、停める場所の心配はないですよ。

ですが、人が多く混んでいると大変なので、9時台とか早い時間に行くと空いていて園内も楽しむことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました