デザインアンテナに交換しよう!自分でやる?それともプロに頼む?

生活

屋根の上にアンテナがあると外観が悪く、メンテナンスも面倒。
だからもっとアンテナをスタイリッシュにしたい、そう考えたことないですか?

僕もそう思っていて、この前ついにデザインアンテナに変えることにしました。

だけどデザインアンテナに変える前に、しっかりとその特徴を把握しておいた方がいいです。

そこでアンテナの種類とそのメリット・デメリット、自分で設置できるのかどうかを紹介していきます。

使ったアンテナのレビューはこちら

アンテナの種類

地デジ用のアンテナは、屋内屋外合わせると大きく分けて3種類。
それらの特徴をしっかりと把握しておくことが大事です。

屋内用アンテナ

部屋のテレビの横とかに設置するもので、卓上タイプなので大きさは小さいです。

メリットはケーブルを繋げばいいだけなので、簡単に設置できること。
そして安い。

デメリットは簡易的なものなので、電波受信性能は弱い。

八木式アンテナ

アンテナといわれてすぐに思いつくのがこのタイプ。
屋根の上に取り付けられているもので、魚の骨にような形と例えられる。

メリット

受信性能が安定しているので、色んな場所で受信することが可能。
値段も比較的安め。

デメリット

屋根の上に設置するうえ、大きさもそれなりにあるのでとても目立つ。
家の外観が気になる場合は、向いていない。

錆びないようにステンレスのものが多いが、古くなると錆びる。
設置に針金で固定しているような場合は(うちがそうでした)、定期的にメンテナンスが必要。

ちゃんと固定されていないと強風などで傾いたりするので、注意しなければいけない。

デザインアンテナ

平べったい長方形の箱型のアンテナ。平面アンテナとも呼ぶ。
最近使われることが多くなっている。

メリット

スリムで大きさもそれほど大きくないので、目立ちにくい。
外観が気になる場合、デザインアンテナはおすすめ。

壁に直接取り付けるのが基本だが、ポールに取り付けることもできる。
設置場所によってはメンテナンスが楽なので、自分で交換することも可能。

デメリット

八木式アンテナよりも受信性能が弱い。
そのため住んでるエリアや周囲の障害物によっては、受信が安定しないことも。

また値段も卓上や八木式に比べて高価になるので、その点に注意が必要。
といっても高くても一万円台で、ほとんど1万円もしないのでそこまでの出費じゃない。

デザインアンテナの選び方

デザインアンテナを選ぶ際には、素子相当と電界強度を確認することが大事。
素子とは八木式アンテナの細い棒の部分のことで、この数が多いほど受信感度が高くなる。

デザインアンテナにはこの素子は付いておらず、受信感度をあらわすときは素子相当と表示される。

デザインアンテナの素子相当は20から26素子相当のものが多く、できるだけ26素子相当のものを選ぶと安心。

電界強度

住んでいる地域の電波の強さのことですが、電波塔から距離によって強・中・弱電界と区別される。

電波が弱い地域でも受信できるように、中・弱電界用のアンテナを使用すると安心。

26素子相当であれば中・弱電界用のものがほとんどなので、電波強度が高いところでも26素子相当のものを選んでおこう。

デザインアンテナの設置の仕方

デザインアンテナを設置する場合は、自分でする方法とプロに依頼する方法がある。

DIYが好きな人であれば、自分で設置するのも考えてみよう。ただし高所作業になるので自己責任になるが。

自分でする際の手順(自己責任で行う)

準備するものはデザインアンテナ、インパクトドライバ、壁に固定する用のネジ、コーキング剤。
今回は八木式アンテナを撤去したと想定して、解説します。

用意したデザインアンテナは、マスプロのUHFアンテナ U2SWLA26。

26素子相当で、中・弱電界用のもの。
金具を壁に固定するためのネジは付属してないので、その点に注意しましょう。

八木式アンテナを撤去

一階部分の屋根に設置しているならまだ高くないが、二階部分の屋根に設置している場合はガチの高所作業になる。

いくら自己責任だといえ、しっかりと安全帯を装着して、できる限り危険を取り払い作業をすることが大事。

弟は屋根の端まで行って針金を外してたが、スリルがあって面白いとかほざいていた。高所恐怖症の人間には無理なことである。

設置場所を決める

今回の設置場所は二階部分の外壁。
一階の屋根に上って作業をすることになったが、作業しやすい場所を設置場所に選んだ。
そのため不具合が生じても、メンテナンスが楽である。

屋根の上は熱いので、靴を履いて作業しよう。
僕みたいに裸足でいると、軽くやけどしてしまう。

壁に穴をあけて金具を固定する

金具を固定するのに、外壁に穴をあけるのでドリルが必要になる。今回はインパクトを使用。固定用のネジは付属していないので、別途用意。

また雨水などが侵入しないように、コーキング剤で穴の周りを補修することも忘れずに。

アンテナを取り付ける

こんな感じでセットする。

これはまだ家の中で、いじって遊んでいる状態である。

ケーブルを接続しアンテナの向きを決める

ケーブルをアンテナに接続して、テレビをつける。
設定画面で受信強度を見ながら、最適な向きを決めよう。

向きが決まったアンテナが動かないように、締め付ける。
これで設置完了。

後はケーブルを壁に這わせたり、雨樋に縛ったりして目立たせないようにする。
特に外観を気にしないなら、風とかでケーブルがあおられないように固定しておくだけでも十分でしょう。

何度も言いますが、高所作業なので自己責任で行って下さい。
一人で作業をすると危ないことも多いので、2人以上で行うと多少は安心です。

専門業者に依頼する

アンテナの設置は、高所作業になるのでとても危険。
屋根の傾斜や設置個所によっては、DIYでするのは無理がある場所もある。

そういった場合は、専門業者に依頼するのが一番です。
八木式アンテナの撤去もしてくれるし、デザインアンテナの設置もしてくれる。

当然費用はそれなりにかかりますが、素人がするよりは確実であり綺麗に施工してくれます。

自分でするのは不安が、工具がない、という場合はプロに頼むのも考えておきましょう。

受信強度も問題ないし現状満足

今回デザインアンテナにしたことで、電波状態とかがちょっと不安でしたが現状良好なので満足しています。

八木式アンテナを使ってた時は定期的に、固定していた針金の張りを調整したりと面倒でした。

しかし、これからは面倒なメンテナンスも必要なくなり、しばらくは気にしなくても良さそうです。

まだ台風などの強風が来ていないので、風によって角度がずれたりするのかどうかわかっていません。

なので強風があったときにどのくらい変化があったのか、少しずつ追記していきたいと思います。

使ったアンテナのレビューはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました