カメラストラップを使うメリットってあるのか?便利に使えるからあった方がいい

カメラ

カメラを購入すると、たいていの場合にはストラップが付属しています。
コンデジからミラーレスなどに移行すると、首から下げるタイプになる。

そうなると首から下げるのは慣れてないから、馴染めないということも。
しかしストラップには重要な役目があり、それを知っていてもらいたいです。

僕も首から下げるのはちょっと馴染めずに、違う方法で使用。
この記事ではストラップの基本的な使い方を解説しながら、その重要性を知ってもらおうと思います。

ストラップとは

カメラに取り付ける紐状の物。
首から下げたり手首に通したりして使う。
ストラップは体の一部にかけていることが多いので、落下防止や盗難防止の役割もある。

また撮影する際にも便利に使える。
これは後述するので、そこで確認。

カメラストラップの種類

カメラストラップにはいくつかの種類があり、それぞれの形状を把握して自分の撮影スタイルに合っている物を選ぼう。

ネックストラップ

ネックストラップは、首にぶら下げるタイプの物。
カメラストラップといって最初に思い浮かべるのはこの形じゃない?

ショルダーストラップ

ネックストラップよりも、紐が長い。
肩にかけてたすき掛けにして使いますが、長さを調整すればネックストラップとしても使うことができる。

速写ストラップ

ショルダーストラップと同じようにたすき掛けにして使うが、長さの調整が簡単にできる。

移動時は紐を締めて体に密着させて、撮影時はすぐに緩めることができるからチャンスを逃しにくい。

ショルダーストラップを買うよりは、速写ストラップのほうが使い勝手がいいと思う。

ハンドストラップ

ここではリストストラップとグリップストラップを指す。
手首や手に通して使うのでカメラを固定しやすいが、長時間使うと腕に疲労がたまる。

カメラの重さによっては手首を痛めるかも。

リストストラップ

手首にストラップを掛けるタイプの物。
コンデジによく使われているやつです。

グリップストラップ

カメラを握ったときに、手の甲を押さえてくれる物。
密着性が高いため安定感がある。

ストラップの選び方

自分が使いたい物を選べばいいけど、押さえておきたいポイントがある。

カメラに合った大きさの物を選ぶ

カメラストラップには細いのに太いのまで様々なサイズがあるが、その大きさはとても重要。

コンデジにネックストラップを付けると、大きすぎて邪魔です。
また不格好なため、コンデジであればリストストラップが大きさも見た目的にもおすすめ。

一方でデジイチの場合には重量があるため、リストストラップだと切れてカメラが落ちてしまう危険も。
なのでネックストラップなど、ある程度の大きさの物が必要。

ミラーレスはデジイチに比べれば軽いですが、やはりネックストラップなどの大きさがあるものが安心です。

ストラップ取り付け幅

ストラップの先端の幅とカメラのストラップ取り付け幅が合わないと、取り付けることができません。

装着できないならいいですが、幅が細いものを買うと取り付けることができてしまう。

細い分遊びができてしまい、余計な動きをすることも。
ただでさえ細いのに、余計な動きが発生することで耐久性も落ちてしまう。

撮影中に切れて落ちてしまう危険もあるので、サイズはちょうどいいものを選ぶことが大事。

ストラップの取り付け

サイズが合っていると、こんな風にジャストフィットする。

ストラップの便利な使い方

ネックストラップの便利な使い方を紹介します。
デジイチやミラーレスを購入したときに、ネックストラップは付属しているのでその使い道を記していきます。

紐が長くて使いにくいんだよなーって思ってる人は、確認しておきましょう。

首にかける

そのままの使い方ですが、カメラを構える際に一工夫すると大活躍してくれる。

シャッター速度が速ければいいのですが、遅い場合、手持ちの場合はブレることも多い。
そこでそのブレを少しでも軽減したい場合に、首にかけたストラップが役に立つ。

紐がピンと張るくらいまで腕を伸ばすことで、紐が腕以外の支えになり安定する。
これによってブレを低減させることができる。

ミラーレスが主流になりつつあり、ファインダーが付いていないカメラで有効な手段。
ファインダーが付いていれば、腕と顔で支えられるのでこれもブレの低減させてくれる。

腕に巻きつける

ネックストラップが嫌な人は、その長さが嫌な人が多いんじゃないでしょうか?
僕も首に下げるのは好きじゃないため、あの長さをどうやって妥協しようか考えていたことがある。

そんな時は腕に巻いて、リストストラップのように使ってはどうでしょうか?

僕はそのスタイルでやっており、常にカメラを握っているため撮影チャンスを逃しにくいのでおすすめ。

手首にストラップを巻いてカメラを持つ

こんな感じで腕に巻いて、歩き回ってる。
腕を下に下げれば自然とレンズも下を向くため、何かにぶつける危険も少ないと思っている。

あと汗かいているときは、首にかけていると顔から落ちた汗がカメラにダイブすることが。

手に持っていると顔の下には来ないため、落ちてくる汗からは防ぐことができる。
しかし手汗がひどい時は、避けた方がいい。

えんまな
えんまな

写真撮りに行くかな~。

魔獣ルポ
魔獣ルポ

今日気温38℃やで?

えんまな
えんまな

手汗でカメラが・・・。

野獣クロ
野獣クロ

故障の原因になるからみんなは気をつけようね。

邪魔でも付けておこう

紐が長いと邪魔になることもあります。

しかし落下防止などの観点から、あった方が絶対に良いです。
また撮影の時も活用できるため、邪魔だからといって外さずに、しっかりとつけておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました