ガトーショコラの作り方とポイント

ガトーショコラお菓子

チョコレートを使ったお菓子といえば、ガトーショコラを思い浮かべることが多いのではないでしょうか?

ガトー・オ・ショコラは、フランス語で焼いたチョコレート菓子を指します。

日本でのガトーショコラは和製仏語で、みんなが想像するあれです。

そこでは今回はガトーショコラの作り方を紹介。

ガトーショコラ・レシピ(丸型18㎝)

材料分量
卵黄3個分
グラニュー糖75g
スイートチョコ65g
無塩バター48g
生クリーム40g
薄力粉15g
ピュアココア40g
メレンゲ
卵白3個分
グラニュー糖35g

事前に準備しておくこと
型にクッキングシートを張り付けておく。
オーブンは170℃に余熱しておく。
薄力粉とココアはふるっておく。
(ココアはバンホーテンなどの純ココア・ピュアココアパウダーなどを使うこと。ミルクココアなどはココアパウダー以外にも入っているので使わない)
チョコとバター、生クリームは一緒のボウルに入れて、湯煎にかけて溶かしておく。

チョコはフレーク状の物を使うと、刻んだりする必要がなく使いやすい。

使う道具

  • ボウル
  • ゴムベラ
  • ホイッパー
  • ハンドミキサー
  • 焼き型

詳しくはこちらの記事

卵黄とグラニュー糖を混ぜる

卵黄を白っぽくなるまで泡立てる(ブランシール)

大きなボウルに卵黄とグラニュー糖75gを入れて、白っぽくなりもったりとするまで混ぜる(ブランシール)。

軽く湯煎にかけるとやりやすい。

卵黄にグラニュー糖を入れて放置すると固まるので、すぐに混ぜよう。

チョコとバター、生クリームを加える

ブランシールした卵黄にチョコ・バター・生クリームを混ぜる

ブランシールしたところに、チョコ・バター・生クリームを混ぜる。

薄力粉とココアを加える

薄力粉とココアを加えて混ぜる

粉類を加えたら、粉気がなくなるまで混ぜる。
でも混ぜすぎには注意。

メレンゲを作る

角が立つまで泡立てたメレンゲ

油気のないきれいなボウルに卵白を入れて、メレンゲを作る。
ボウルに油気が残っていると泡立ちにくいため気をつけよう。

卵白はそのままだとメレンゲを作りやすいですが、安定性がないためすぐに泡がつぶれてしう。
グラニュー糖が入ると安定性は良いが、泡立ちにくい。

そのため、最初は少量加え泡立て、ある程度固さが出てきてからグラニュー糖を加えていくことで泡立てやすい。

ハンドミキサーやスタンドミキサーなどがあると、力が強いので気にしなくてもいい。

メレンゲを加える

メレンゲを加えて混ぜる

ゴムベラで一すくい分ほどのメレンゲを入れて混ぜる。
この時はホイッパーで混ぜていい。

メレンゲを少し加えておくことで、混ぜやすくなる。

メレンゲを加えて混ぜる

残りのメレンゲを二回に分けて加え、ゴムベラでなるべく泡を潰さないように丁寧に混ぜる。

ここでメレンゲを潰すと、ふくらみが悪くなる。

型に入れて焼く

焼き上がったガトーショコラ

型に入れて、170℃のオーブンで40分ほど焼く。
竹ぐしを刺してドロッとした生地が付いてこなければ焼き上がり。

焼きあがった後に大きくしぼんでしまったり、膨らまなかったりする場合、メレンゲを角が立つまで泡立てていなかったり、混ぜるときに泡をつぶしてしまっている。

また、メレンゲの出来や混ぜ方に問題がない場合は、生地が冷めてしまって熱の伝わりが悪いことも原因の一つ。
メレンゲを作るときに生地が冷めるなら、メレンゲを最初に作るのも選択肢。

それ以外にも、粉を入れてから混ぜすぎなこともあるので注意。

こちらも参考にどうぞ。

6号(18cm)サイズのガトーショコラのレシピ

混ぜる練習にはちょうどいい

ガトーショコラは生地が重たいため、メレンゲを混ぜるのもスフレチーズケーキと比べると難しいものです。

そのためメレンゲを混ぜるのに、良い練習になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました