新潟のハクチョウの飛来地として有名な瓢湖!季節を通して花も楽しめる観光スポットです

新潟の情報

新潟県阿賀野市にある瓢湖は、新潟県屈指のハクチョウの飛来地です。

この記事では、そのなハクチョウの飛来地である瓢湖を紹介していきます。

瓢湖とはどのような特徴がある湖なの?

瓢湖とは、新潟県阿賀野市にある水原地区にある、ラムサール条約に登録されたハクチョウの飛来地としても有名な湖です。

上記のような特徴があるので、それぞれを確認していきましょう。

新潟随一のハクチョウの飛来地です

瓢湖は新潟県内はもちろんですが、全国的にも有名なハクチョウの飛来地です。

ハクチョウの飛来がピークの11月の下旬あたりには、5000羽以上が飛来してきて湖をにぎわせています。


ハクチョウが多くいるのですが、時間を間違えてしまうと瓢湖にいる数は少ないです。

できるだけ多くの白鳥を見たいのであれば、早朝に行く方がいいですよ。


晴れていれば朝焼けに染まる五頭連邦と、飛び立つ白鳥たちの美しい共演を眺めることができます。

9時位でもそれなりにいますが、結構少なくなってくるので気を付けましょう。

ハクチョウ以外の水鳥も多く生息しています

瓢湖には、ハクチョウ以外の水鳥も数多く生息しています。

オナガガモ・カルガモ・オオバン・ハシハジロ・カワウなど、水鳥を中心に31科100種の鳥がいます。

とても多くの鳥がいるので、見分けるのは大変ですが見ごたえは抜群ですよ。

湖畔の一部には、鳥の絵と名前が載ったパネルがあるので、特徴を押さえれば見分けやすい鳥もいます。

多いのはオナガガモで、泳いでいる鴨がいたら大体がオナガガモですね。

カモ類も冬が飛来する時期なので、それ以外の時はそんなに数は多くいません。

春は桜・初夏はアヤメ・夏はハスが綺麗です

瓢湖は、春には湖畔に桜が咲き、初夏は隣接するあやめ園でアヤメが、夏はハスが湖を彩ります。

瓢湖は白鳥以外にも、春夏と花を楽しむことができます。

ハクチョウだけを目当てにしてると、冬以外はどうしても足が遠のいちゃいますよね。

しかし、桜やアヤメ、ハスなども見ることができ、アヤメやハスは新潟県でもそれなりに有名なスポットです。

また、オニバスも一部で咲いているので、いろいろな植物を楽しむことができますよ。

瓢湖の周辺のスポットは何があるの?

瓢湖の周辺のスポットは、気軽に立ち寄るならこのあたりでしょうか。

それぞれどのようなものなのか、みていきましょう。

お土産屋さんやレストランなどが入った白鳥会館LITTLE SWAN

瓢湖の前の道路を挟んだところに、白鳥会館LITTLE SWANがあります。

これは、お土産屋さんやレストランが入った建物で、こちらの2階から瓢湖に行くこともできます。

白鳥が飛来するのは冬で寒いので、ハクチョウを見終わったらこちらの白鳥LITTLE SWANで休憩するのも選択肢の一つです。

敷地内に市営駐車場もあり車も停めやすいので、瓢湖に来るときはこの駐車場に止めるようにしましょう。

湖の湖畔にある喫茶処 しょこら亭

しょこら亭は瓢湖の湖畔にある、お菓子屋さんです。

店内で食べることもでき、窓際のカウンター席であれば食べながら瓢湖を眺めることができます。

場所はLITTLE SWANの前の道路を左に進んでいけばすぐに見えてくるので、迷わずいくことができますよ。

冬は寒いから店内で食べながらハクチョウを眺め、夏は暑いから店内でかき氷を食べながら瓢湖を眺めましょう。

しょこら亭のホームページはこちらから  CHOCOLATEI瓢湖店

瓢湖にアクセスするには車か電車で!

住所:新潟県阿賀野市水原313-1

アクセス方法は車か電車になります。

車行く場合は、磐越自動車道「新津IC」を降りて、国道460号線を阿賀野川方面に走り阿賀野川を越えて約15分ほどで瓢湖に着きます。

駐車場有、300台。

電車の場合は、JR羽越本線「水原駅」で降りて、徒歩約30分ほどで着きます。

ハクチョウの飛来地「瓢湖」:まとめ

瓢湖は、冬はたくさんのハクチョウを見ることができます。

しかし、昼近くに行ってしまうとどこかに飛んで行ったあとでハクチョウはそれほど数は見られないので、早朝に行くことがたくさんの白鳥を見るためには必要です。

また、新潟市からも離れているので、行く際には車または電車を利用することになります。

新潟駅から行く場合は、レンタカーを借りた方が色々な場所を回りやすくていいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました