五十公野(いじみの)公園のあやめ園!日本4大あやめ園の一つです

新潟の情報

季節ごとに様々な花が咲きますが、アヤメ科の植物は少しずつ時期がずれていて、色とりどりの顔をのぞかせてくれます。

あやめは日本に3大あやめ園があり、長井あやめ公園(山形県長井市)・水郷潮来あやめ園(茨城県潮来市)・水郷佐原あやめパーク(千葉県香取市)の3つです。

そこに新潟県新発田市の五十公野公園のあやめ園を入れると、4大あやめ園になります。

今回はそんな五十公野公園のあやめ園を紹介します。

そもそもアヤメってどんな花なの?

ハナショウブの紫色の花

アヤメは、こんな感じの花を咲かせる植物ですが、アヤメのほかにカキツバタやハナショウブをまとめてアヤメと呼ぶこともあります(写真はハナショウブ)

 生育場所開花時期
アヤメ花弁の付け根に
大きな網目模様
乾いた場所5月上旬から
カキツバタ花弁の根元に
白い線
湿地5月中旬から
ハナショウブ花弁の根元に
黄色い模様
乾いた場所と湿地の間6月上旬から

アヤメ・カキツバタ・ハナショウブにはそれぞれ違いがあるので、覚えておきましょう。

他にも違いはありますが、おおむねこんな感じです。

開花時期は気温などによっても違ってくるので、これよりも前後したりするのでそこは押さえておきましょう。

五十公野(いじみの)公園ってどんな公園なの?

五十公野公園は、新潟県新発田市にある自然豊かな公園で、駐車場の近くには遊具がある広場やスポーツ施設が併設されています。

ます潟という池があり、冬には白鳥や鴨などの水鳥が飛来してきます。

白鳥の写真を撮りたい人は、混んでいる瓢湖を避けて五十公野公園のます潟に来るのも選択肢の一つですよ。

五十公野公園のあやめ園!

五十公野公園のあやめ園では、およそ300品種60万本のアヤメが咲き誇ります(アヤメというかメインはハナショウブですが)

ます潟の周りを右回りでも左回りでも歩いていけば、アヤメ園に到着します。

青や紫、白に黄色など様々な色の花が咲いています。


紫色のハナショウブの花。


白いハナショウブの花。


こんな感じで、花が植えられています。

一部しか写っていないので小さく感じるかもしれませんが、それなりの広さがあるので十分楽しむことができます。

木陰にはちらほらとベンチもあるので、腰を下ろしてゆっくりと花を観賞することもできますよ。


あやめ園の中には小さな池みたいなものがあり、スイレンも咲いています。

ちなみにハスとスイレンの違いを簡単に説明すると以下の通りです。

  • ハスは葉が水面より上にあり、花も水面よりも上の方にある
  • スイレンは葉が水面付近にあり、花も水面付近にある

基本的にはこんな感じで覚えておきましょう。

あと支払いは強制ではないですが、入園協力金として100円が必要なのでちゃんと財布を持っていきましょう。

駐車場から公園に行く途中で屋台が出ているので、何か食べるのであればやっぱり財布は必要ですね。

五十公野公園へのアクセスの仕方

五十公野公園へのアクセス方法は、ちょっと説明がしにくいので地図で理解してくれるとありがたいです。

五十公野公園あやめ園まとめ

五十公野公園あやめ園は、日本4大あやめ園に含まれるなど新潟県でも有名なアヤメのスポットになります。

6月下旬に行くとハナショウブは満開ですが、アヤメは終わっています。

そのためハナショウブではなくアヤメを見たい場合は、6月の上旬位に行った方が良いかもしれません。

しかし、五十公野公園あやめ園では、ハナショウブがメインで咲くので見ごたえ抜群の景色を望むのであれば6月下旬の方が良いですよ。

同じように新潟のアヤメのスポットには、瓢湖という場所もあります。

こちらは冬のハクチョウが有名ですが、春の桜、初夏のアヤメも人気があるので足を運んでみるのもいいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました