レザークラフトで小物作りに必要な道具!代用できるも一部紹介

レザークラフト

レザークラフトをしたいけど、何を揃えればいいか迷ってませんか?

使う道具はたくさんありますが、必ず使うものは限られてきます。

そこで今回はレザークラフトで、キーホルダーや財布などの小物を作るときに必要な道具を紹介します。

レザークラフトをする際に必須になる道具

ここで紹介するものは、準備しておかないと作るのに支障をきたすものなので、ちゃんと揃えておきましょう。

レザークラフトをする際に、なくてはならないのが革です。

革と皮の分類ですが、皮は何も処理をしていないもので、革はなめしなどの処理をしたものになります。

レザークラフトで使用するものは、鞣してある革です。

鞣しの方法によっても違いがありますが、経年変化を楽しみたいのであればタンニン鞣しのものを選びましょう。

しっかりとエイジングケアをすることで、時間が経つごとに飴色に変化していき深みが増します。

革の種類などについては、こちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

型紙

レザークラフトをする際に、型紙がなければ物を作れないので、必ず用意しましょう。

手っ取り早く作りたいなら、売られている型紙を買うのも選択肢の一つです。

また、本などに付属していたりもするので、それを使うこともできますよ。

オリジナリティを出したい場合などは、1から設計した方がより愛着のわく作品を作ることができます。

ちなみに、僕は自作派です(費用削減のため)。

ビニール板(下敷き)

ビニール板(下敷き)は、革をカットする際に下に敷いて使います。

机などをカッターや革包丁の刃から守るためにも、必需品です。

僕は百均で買ったのを使っていますが、作業する場所にもよりますが大き目のものがあると便利ですよ。

目打ち

目打ちは型紙をなぞって、革を切るための跡を付けるのに使います。

これも百均に売ってるので、安く手に入れることができますよ。

レザークラフトでは道具は安いものでも代用できるので、積極的に代用できるのは安いものを探しましょう。

カッター

カッターは、革をカットするのに使います。

革包丁などもありますが、最初はカッターで十分です。

というか、革包丁は扱いがちょっと難しかったりするので、本格的にやるか分からない場合はカッターで切っていきましょう

直線をカットする際は、ロータリーカッターもあると便利です。

定規

定規は、革を直線にカットするときに使います。

長財布を作るくらいであれば、25cmくらいあれば十分ですよ。

小物作りの際は大きすぎると使いにくいので、用途に合わせて長さの違うものを用意しておくといいです。

もちろんこれも、百均で用意することができます

床面処理剤

床面処理剤は、床面や断面(コバ)などに塗布して磨くのに使います。

磨くことで毛羽立ちを抑えて、見た目や耐久性を上げてくれます。

トコフィニッシュやトコノールといったものがあり、僕はトコノール派ですね。

こちらの記事で床面処理剤の使い方を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

スリッカー

スリッカーは、コバや床面を磨くときに使います。

木製のものなので、自作することも可能です。

ミニルーターのビットがスリッカーになっているのもあるので、そちらを使うと磨くのが楽ですよ。

コバ磨きなどについては、こちらの記事で紹介してるのでぜひ参考にしてください。

ガラス板

床面に床面処理剤を塗った後に、床面を磨くのに使います。

丸みを帯びた瓶底で代用することも可能で、僕はいまだに瓶を利用しています。

ガラス板の方が一度に磨ける面積が大きいので、特に理由がないのであればガラス板を用意した方がいいですよ。

ゴムのり

革を縫う前に、仮止めするときに利用します。

接着力が弱いので、いったん貼り付けてもはがすことができ扱いやすいです。

ヘラ

ゴムのりを塗るときや床面にトコノールなどを塗るとき、伸ばすのに使います。

百均にも売っていますが、ホームセンターで使いやすいものを選んだ方が無難ですね。

マルチステッチンググルーバー

革を縫う前のライン引きや溝彫り、ヘリ落としなどに使います。

ラインを引くならネジ捻があればいいですが、ヘリ落としなども別でそろえると高額になります。

マルチステッチンググルーバーは安い物だと作りが甘かったりするので、一本五役で1000円以上のは欲しいところです(それでも安いが)。

僕は安いものを使っています・・・。

ゴム板

革に菱目打ちで穴をあける時に、下に敷いて使います。

ゴム板は重要なので、小さくてもいいので買っておきましょう。

小さくてもいいなら、数百円で買える。

できるだけ大きな方が、使い勝手がいいですよ。

菱目打ち

菱目打ちは、革に穴を開ける時に使用します。

革はそのままでは針が通らないので、縫い穴をあける必要があるんですね。

そのため、菱目打ちもちゃんと揃えておくことが大事ですよ。

菱目打ちの選び方の記事は、こちらの記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ハンマー

ハンマーは、主に菱目打ちを打つときに使います。

種類も様々で、金づちや木槌、ゴムハンマーなど色々ありますよ。

金づちだと音が響くので、木槌やゴムハンマーのほうがいいかもしれません。

こちらも、百均で手に入れることが可能です。

縫い針

縫い針は、レザークラフト用のものを用意しましょう。

おすすめは、クラフト社の手縫い針です。

僕は細も太も両方使っていますが、丈夫でまだ折れたことはありません。

針の太さは、使う糸や作品などによって使い分けましょう。

縫い針や縫い方について紹介している記事がこちらなので、ぜひ参考にしてください。

レザークラフトで使う糸には様々な物があり、麻糸を使う場合は蝋引きする必要があります。

蝋引きも全部自分でしたいというならいいですが、面倒なら蝋引きしてある糸を使うのが手っ取り早いですよ。

または、化繊の糸を使うという方法もあります。

やすり

やすりは、コバを磨く前に、切り口を滑らかにするのに使います。

サンドスティックがあると便利ですがが、紙やすりでも代用できます。

綺麗に仕上げるためには、目の粗さも荒いものから細かいものまで揃えておきましょう。

レザークラフトをするときに持っていると便利な道具

レザークラフトをする時に、なくてもできなくはないですが、持っていると作業がはかどる道具を紹介します。

レーシングポニー

革を縫う際に、革を固定して使います。

小さなものであれば手で持ちながらでもいいですがが、大きなものになると手で持ちながら縫うのは面倒ですよね。

また、手で持つことで手汗で革が濡れることもあるので、レーシングポニーは用意しておきたい道具の一つです。

ローラー

ローラーは、ゴム糊を付けた後に革同士を圧着する際に使います。

なければ端切れで覆って、ダブルクリップなどで押さえつけるなどすればいいですよ。

個人的には、レーシングポニーよりも優先度は低いです。

重し

重しは、型紙の線を引くときに動かないように固定するのに使います。

しっかりと固定していれば重しは必要ないので、個人的には今のところ必要ありません。

レザークラフトに必要な道具:まとめ

何を作るかによりますが、とりあえずは上記で挙げた必須の道具を準備しておけば大丈夫だとおもいます。

レザークラフトを始める際には色々な道具が必要になり、費用もかかります。

百均で代用できるものは代用して、費用を抑えましょう。

あと、レザークラフト用品を買う場合、どこにお店があるのかわからないこともありますよね。

新潟市なら、亀田のムサシの二階にあるアークオアシスに売ってますよ。

手芸用品や絵画用品など様々な物があるので、他のことにも興味があれば楽しめます。

ネットでも色々ありますが、僕は10cube Leathermartで革を買ってます。

アマゾンや楽天にも出店しているので、ここの自社サイトで購入する以外にも選択肢があるので便利ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました