新潟市北区の福島潟オニバス池!紫色のきれいな花の見頃は8月中旬頃から!

この記事では、新潟市北区にある福島潟の一角、オニバス池について紹介していきます。

オニバスは、日本では宮城県が北限でしたが絶滅したことにより、新潟県が北限になりました。

また、「ハス」と付いていますが、実際には「スイレン科」の植物です。

そんなオニバスの花や葉を写真を交えて紹介していくので、興味をもったら見頃な時期に見に行ってみてはどうでしょうか?

目次

オニバスの花は紫色をした鋭い形状をしています

オニバスの花は、紫色をしており先がとがって鋭い形状をしています。

外側は紫いろですが、内側は白になっていて色合いもキュートです。

花柄には棘があるのですが、これは萼片の裏側にもあります(写真でもかすかに確認できます)


オニバスの葉にも棘があるのですが、この写真ではちょっと見にくいですね。

オニバスの葉っぱはこのようにそれぞれ重なり合って広がっていくので、オニバス池はほぼ緑の葉で覆われることになります。


また、オニバスの葉はこのような感じで、ひっくり返っていることもあります。

しかし、葉が開いてくると緑の面が上になるので、オニバスの葉の裏面が見たい人はシーズン前に見に行くことも検討しましょう。


オニバスの葉っぱは大きくなると2mを超しますが、人を乗せることはできません。

よく写真とかで子供を乗せた葉っぱがありますが、あれはオニバス属の一種であるオオオニバス属の「オオオニバス」なのでその違いを理解しておきましょう。


写真はオニバスの花しか撮ってないのですが、オニバス池は簡単な展望台やテーブルなどもあるので、楽しくオニバスを見ることができます。

真夏に水辺なので蒸し暑さがやばいですが、綺麗なオニバスの花を見ることができますよ!

新潟市北区福島潟のオニバスの見頃は8月中旬です!

福島潟のオニバスの見頃は、8月中旬です。

僕はお盆のちょっと前に行くようにしているので、8月10日~12日位によく出没しますね(笑)

同じ福島潟のエリアに遊潟広場というものがあり、そこはハスを見ることができます。

こちらは7月が見頃なので、時期が違うことに注意しましょう。

新潟市北区福島潟オニバス池へのアクセス!

車の場合日本海東北自動車道‐豊栄新潟東港ICから約5分
電車の場合JR白新線‐豊栄駅から車で約5分(徒歩で約30分)

オニバス池へのアクセス方法は、このようになっています。

どちらにしても真夏がシーズンなので、車で移動は必須ですね。

電車で来る場合は、豊栄駅周辺でレンタカーを利用するかタクシーを利用していくようにしましょう。

または、近くにいる友人を頼るというのも一つの手段ですよ。

シェアしてくれると嬉しいです!
目次
閉じる