カボチャプリンの作り方!濃厚で甘いかぼちゃを堪能しよう

お菓子

夏から秋に収穫されるかぼちゃ。

かなり保存がきき、夏に収穫したものを冬に食べることもできます。

今回はそんなかぼちゃを使ったプリンの作り方です。

かぼちゃプリン・レシピ(丸形18㎝)

材料分量
カボチャペースト300~500g
牛乳適量
全卵3個
卵黄2個
グラニュー糖100g
カラメル
砂糖120g
20g

事前に準備しておくこと。
オーブンは200℃に予熱しておくこと。
型にバターを塗っておく
生のカボチャを使うときは、蒸して裏ごししておく
皮を付けたまま蒸した方が皮を取りやすい。
柔らかければ柔らかいほど裏ごしが楽。

カボチャは裏ごしておかないと、繊維が残り口当たりが悪い
裏ごすのが面倒ならかぼちゃペーストを利用しよう。

使う道具

  • ボウル
  • ゴムベラ
  • ホイッパー

詳しくはこちらの記事

カラメルの作り方

初めにすることはカラメルを作りです。

最初に作って型に入れて固めておく必要があります。

鍋に砂糖を入れて加熱

小鍋に砂糖を入れて、強火で溶かします。
この時使うのは、シリコンベラ

加熱して溶けてきた砂糖

溶けても加熱を続けることで茶色っぽくなってきます。

色がつき始め沸騰してきた砂糖

沸騰するまで続け、良い色になったら水を張ったボールに鍋底をつけ冷やし(写真の色は薄い)、すぐに水を加えましょう。

火を入れて焦がしてしまうと苦いだけになるので注意。
自信がなければ色が薄いうちに火から下ろそう。

水を加えると跳ねるのでやけどに注意が必要。

金属のボウルでふたをして、その上から水を入れるのも方法の一つです。

水を入れて柔らかくしたカラメル

水を入れたら再び火にかけ、全体がなじむようにしましょう。

型にカラメルを流し入れた

そして型に入れて冷やして固めます。
写真はカラメルの量が少なかった。

鍋についたグラニュー糖は洗っても落ちにくいです。

なので鍋にお湯をいれて沸かすと、固まったカラメルが溶けるから綺麗にしやすくなります。

固まらないカラメルソース

後からかける固まらないカラメルソースを作る場合には、砂糖250gと水100gで作りましょう。

水の比率が違うだけで、作り方は同じ。

出来上がったら、密閉できる容器などに入れて保存します。

プリンにかける固まらないカラメルソースの作り方

かぼちゃプリンの作り方

かぼちゃペーストや裏ごししたかぼちゃに牛乳を加えて、硬さを調節します。

裏ごししたものだと、結構トロトロした状態まで牛乳を加えましょう。
初めて作る場合は、ドロドロ位で止めておくと失敗を減らせます。

この時、牛乳の半量を生クリームに変えるとより濃厚に。

かぼちゃに全卵・卵黄・グラニュー糖を加えて混ぜる

カボチャがちょうどいい固さになったら、全卵・卵黄・グラニュー糖を加え良く混ぜましょう。

オーブンで湯煎焼き

生地をカラメルを敷いた型に流しいれます。
そしてお湯を張った天板に乗せ、150℃で60分~蒸し焼きに。
焼き時間は固さを見て調整します。

天板にお湯を張るのは不安という場合は、型が入る大きさのバットに入れてお湯を張ってもOK。

というかバットに入れた方がお湯の量も多く入れられるので、熱も伝えやすいから家でやるならおすすめです。

皿にあけたかぼちゃプリン

竹串を刺して、生地がついてこなければ焼き上がりです。

分ける時は、8等分にカットするのが簡単ですね。

盛りつけ時は、ホイップクリームをクネル型にして上に乗せると見た目が良くなります。

クネルの仕方は慣れれば簡単なので覚えておきましょう。

カスタードプリンの動画ですが参考にどうぞ。

材料を混ぜて湯煎焼き、カスタードプリンを作ろう

カスタードプリン・レシピ(丸形18㎝)

盛り付けたカスタードプリン

材料分量
牛乳500g
全卵3個
卵黄2個
グラニュー糖140g
カラメル
砂糖120g
20g

卵とグラニュー糖を混ぜて、温めた牛乳を加えて天板にお湯を張り150℃のオーブンで60分~焼いてきます。

サツマイモプリン・レシピ(丸型18㎝)

盛り付けたさつまいもプリン

材料分量
さつまいもペースト500g
牛乳500g
全卵3個
卵黄2個
グラニュー糖50~100g
カラメル
砂糖120g
20g

作り方はかぼちゃプリンと一緒です。

カボチャプリンの作り方 まとめ

滑らかな口当たりにするには、しっかりと裏ごしをしておくことが大事です。

カボチャの繊維が残っていると口当たりが良くないので、裏ごしは必ず行いましょう。

裏ごし器があれば一番ですが、ない場合はざるで裏ごしても大丈夫です。

直前に何か足りないものが見つかったら、代用できるものがないか探してみましょう。

カラメルを作るときはシリコンベラを使ってますが、これは普通のゴムベラでは溶けるからです。

なのでシリコンベラがなければ、木べらを使ってもOK。

色々考えながら作業をすると、臨機応変に対応できるようになりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました