ツイッターのアイコン(プロフィール画像)を設定する方法を図も使って説明!

ブログ

Twitterのアイコンを設定する必要性、それは認知度を高められることだと思います。

アイコンがしっかりと設定されていることで、ツイートやリプが人の目に止まりやすいです。

人の目に止まればフォロワーが増えることにもつながり、自分の発信力強化にもつながっていきますよね。

この記事では

  • ツイッターのアイコン画像とは何か
  • ツイッターのアイコン画像を設定するメリット
  • ツイッターのアイコン画像に使っていいもの・悪いもの
  • アイコンの設定方法
  • アイコンが設定できないときの原因

について紹介しています。

まずツイッターのアイコン画像とは何か図解で確認しましょう

Twitterのアイコンは、プロフィール画面で表示される以外にも、ツイートやリプライなどをした時にも表示されます。

アイコンを整えることで、誰がツイートやリプライをしたのか簡単に見分けることができます。

この人は有益な情報を発信してるな!あの人すごい面白いぞ!、って思われた時に、アイコンがしっかりとしていると印象にも残りやすいですよね。

アイコンが整っているとプロクリック数が増えたりして、フォロワー獲得にもつながってくるので、しっかりと整えておくことが大事ですよ。

ツイッターのアイコン画像を設定するメリットはどんなものがあるのか

ツイッターのアイコンを設定すると、上記のようなメリットがあります。

設定しないことのデメリットはあるけど、設定することのデメリットはないように思えるのでちゃんと設定しおきましょう。

アイコンを設定すると認知度が上がりフォローされやすくなります

Twitterでは自分でツイートする以外にも、他の人がツイートしたところにリプライと言って返信をしたり、いいねを押したりすることもできます。

リプライやいいねは誰がしたのか、通知で分かるようになっています。

アイコンが設定されていれば誰がリプやいいねをしたかわかるし、よりしっかりした画像にしておくと目立つので覚えてもらいやすくなりますよ。

フォローされることにもつながるので、ちゃんと設定しておきましょう。

アイコンを設定することで愛着がわいてTwitterがより楽しくなります

ツイッターのアイコンを設定すると、自分のアカウントなんだなーと実感します。

アイコン画像がデフォルトのまま表示されていると、自分のものなのか他人のものなのか分からなくなってしまいますよね。

しかし、ちゃんと設定することで、自分のアカウントだなっていう安心感がでてきます。

愛着もわいてくるので、楽しくツイッターを続けることができますよ。

ツイッターのアイコン画像はどんなものが良いの?悪いの?

ツイッターのアイコン画像はしっかりしたものを使いたいですが、設定する前に知っておくべきことがあります。

これは確実に知っておきましょう。

ツイッターのアイコンは注目されるために、良い画像やインパクトのある画像などを使いたいところですが、著作権に注意しなければいけません。

誰かが制作したものには著作権があり、そういった画像は勝手にしてはいけません。

また人物の写真も肖像権というものがあり、芸能人でも一般人でも勝手に写真を使っちゃいけません。

著作権や肖像権は違反すると罰せられてしまうので、絶対に使わないようにしましょう。

えんまな
えんまな

まさか、この吹き出しの画像は・・・。

※自分で書いたやつです。

ツイッターのアイコンサイズは400×400pxがおすすめ

Twitterのプロフィールのアイコンのサイズは、400×400pxが推奨されています。

これより小さすぎると設定したときに画像が荒くなり、大きすぎると枠に収まらず見切れてしまうことも。

なので自分で作成する際には、そこを押さえて作るようにしましょう。

また、丸いアイコンになるので角とかが削られるため、その点も意識して作ることが大事ですよ。

ファイル形式はJPEG・PNG・GIFに対応しています

ツイッターのアイコンとして設定できるファイル形式は、

  • JPEG
  • PNG
  • GIF

の3種類です。

スマートフォンで写真を撮ったときなどJPEGで保存されるので、スマホで撮った写真も使うことができます。

GIFも使えますが、アニメーションGIF画像は使えない点に注意しましょう。

ファイルのデータサイズは2MBまでが推奨されています

ツイッターのアイコンに使う画像のファイルサイズは、2MBまでが推奨されています。

これよりも大きいサイズのファイルでも読み込むみたいですが、読み込まれなかったらショックですよね。

使いたい画像がしっかりと表示されるように、ファイルサイズを確認しておきましょう。

ファイルサイズが大きい場合は、縮小専門などのフリーソフトで小さくするのも選択肢の一つですよ。

フリー素材よりもオリジナル画像のほうが注目されます

フリー素材は無料で使えるので安く済みますが、他の人とツイッターのアイコンがかぶるとブランディングに支障が出てしまいます。

なので、おすすめはオリジナル画像を用意することですね。

オリジナル画像のほうが好きな配色にしたり、ポーズを決めたりすることができるのでイメージ通りのものを用意しやすいです。

オリジナル画像の用意の仕方は、ツイッターのアイコンを絵師さんに作成依頼しよう!おすすめのイラストレーターさんも6人紹介します、で説明しています。

ツイッターのアイコンの設定方法

魔獣ルポ
魔獣ルポ

Twitterのアイコンってどう変更すればいいんや?

アイコンを設定する場合は、パソコンとスマホでやり方が若干異なるので、それぞれのやり方を頭の片隅にでも入れておきましょう。

スマホでツイッターのアイコンを設定するやり方

スマホでツイッターのアイコンを変更する方法は、アプリのホーム画面で左上のアイコンをタップして、プロフィールから自分のプロフィール画面を表示します。


そしたらプロフィールの編集を押して、アイコンのカメラマークをタップしましょう。

写真を撮る・フォルダから画像を選択となるので、好きな方を選びアイコンを変更します。

パソコンでツイッターのアイコンを設定するやり方

パソコンからツイッターのアイコンを変更する方法は、ホーム画面の左下にある人型のマークをクリックします。


するとプロフィール画面になるので、そこからはスマホと同じ手順で変更できます。

スマホとの違いは写真を撮るという選択肢がないことです。

ツイッターのアイコンが設定できない場合は何が原因なの?

上記の4つが原因で、Twitterのアイコンを設定したと思っていても、設定できていない場合があります。

それぞれの対処法を把握して、ちゃんと設定できるようにしておきましょう。

ツイッターのシステムエラーが原因

アイコンが設定できない場合は、Twitterのシステムエラーが原因かもしれません。

いままで普通に設定できていたのに、いきなり設定できなくなった場合はTwitterのシステムエラーを疑ってみましょう。

自分でどうにかできる問題ではないので、復旧するのを待つしかありません。

アップデートの情報などが発表されたりするので、それを確認するのを忘れないことも大事ですよ。

ツイッターアプリのエラーが原因

スマートフォンを利用していてアイコンの設定が反映されない場合は、スマートフォン用ツイッターアプリのエラーを疑ってみましょう。

アプリのエラーが起こると、ツイートできなかったりアプリの起動が行えないといったトラブルがあります。

そのような場合は、一度アプリをアンインストールしてから、最新バージョンをインストールし直すと設定できるようになったりしますよ。

インターネット接続が不安定なことが原因

インターネット接続が不安定なことも、Twitterでアイコンを設定できない原因の一つです

外出先で無料Wifiを使っていると、接続が不安定になることがあります。

そのような時にプロフィール画像を変更しようとすると、設定できないことがあります。

アイコンを設定する時は、インターネット接続が安定している場所で行いましょう。

ファイルサイズや形式が原因

Twitterのアイコンを設定できない場合は、ファイルサイズや形式があっていない場合があります。

ファイルサイズは2MBまでが推奨されており、ファイル形式はJPEG・PNG・GIFが対応しています。

これらの条件を満たしていない場合は、うまく設定できないことも。

そのため、ファイルサイズや形式は推奨されているものを使いましょう。

まとめ

ツイッターのアイコン画像の設定する際は、設定することによるメリットや使っていい画像なども重要なことだとわかりましたか?

設定をする時もスマートフォンとパソコンでは、ボタンの配置も違っている部分があるのでどちらからでも設定できるようにしておくことが大切です。

そしてちゃんとアイコンを設定して、ツイッターを楽しんで行きましょう。

また、よりアイコンを目立たせるためにはオリジナル画像を使った方が良いです。

僕のおすすめは絵師さんに依頼して作成してもらうことで、それも記事にして紹介しています。

アイコンをしっかりしたものにしたいのであれば、こちらの記事も参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました