材料を混ぜて焼く!面倒な手間がないフロニャルドを作ろう

レシピ

フロニャルドは卵・砂糖・牛乳・生クリーム・薄力粉を混ぜて作った生地に、果物を入れて焼いたお菓子。
材料的にカスタードプリンに薄力粉を加えて、果物と一緒に焼いた感じのものに。

クラフティと間違えそうになりますが、

  • クラフティ:使う果物はサクランボ
  • フロニャルド:使う果物はサクランボ以外

という違いがあります。

生地は一緒なのであれなんですが、この違いはしっかりと覚えておきましょう。

えんまな
えんまな

簡単にオーブンで焼いて作れるお菓子はないのかー?

魔獣ルポ
魔獣ルポ

そんな時はフロニャルドや!

フロニャルド・レシピ( 25×18×3cm位のバット )

卵          4個
グラニュー糖     100g
薄力粉        100g
塩          一つまみ
牛乳         250g
生クリーム      200g
果物(今回はリンゴ)   適量
果物に合ったお酒(リンゴならカルヴァドスとか) 適量(果物の表面に絡まるくらい)

準備しておくこと
オーブンは160℃に予熱
バットにクッキングシートを敷いておく
薄力粉と塩はふるっておく
牛乳と生クリームは一緒に鍋に入れて、沸騰直前まで温めておく
果物はカットしてお酒でマリネしておく

ボウルに卵を入れ、グラニュー糖を加えて混ぜる。
グラニュー糖が溶けにくい場合は、軽く湯煎にかけよう。

ここにふるっておいた薄力粉と塩を加えて混ぜる。
混ぜすぎるとグルテンが出るので、粉気がなくなる位で良い。

粉を加えてからは混ぜすぎに注意

温めた牛乳と生クリームを加える。

牛乳と生クリームは少しずつ加えていく。
写真では薄力粉を入れる順番を間違えていますが、気にしないでください(笑)

えんまな
えんまな

手順を間違えたのじゃ~。

野獣クロ
野獣クロ

材料が混ざってれば大丈夫。

バットにマリネした果物を入れる。
果物の量が少ないと生地を入れたときに偏りが出るので注意。
写真はリンゴが少ないです。

生地を濾して流し入れます。
写真では直接濾して入れてますが、別のボウルに濾してから入れた方が楽。

160℃のオーブンで50分~焼く。
焼き上がりは竹串を刺して生地がくっついてこないのが目安。

あとは好みで焼き色を付けたければ調整を。

焼き上がり直後は膨らんでますが、冷めるとしぼみます
膨らんでしぼむのは問題ないので安心してください。

食べる際は適度な大きさにカットして、ソースなどを掛けたりして食べましょう。

プリンと似た材料なので、カラメルソースとの相性は抜群です。
カラメルソースの作り方はこちら。

またアイスを添えたりすると、見栄えもよくなります。

作り方の参考にどうぞ。

【簡単】イチゴのフロニャルドの作り方

簡単に作れるからおやつにぴったし

オーブンを使ったお菓子と聞くと、しっかりと泡立てなければいけないような雰囲気があります。

しかしフロニャルドは泡立てる必要はなく、材料を混ぜることができれば簡単に作ることがでる。

使う果物も好きなものを使えばいつでも美味しいものが食べられるので、たくさん作って毎日のおやつにしよう。

リンゴは生で食べると食感がしっかりとしていますが、火を通すことで柔らかくなります。

フロニャルドにリンゴを使う時はは、たっぷりと使って食感の違いを楽しみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました