甘いタルト生地パート・シュクレの作り方

レシピ

タルト生地にはいくつかの種類がありますが、その一つがシュクレ。

シュクレは甘いタルト生地であり、よく使われるものの一つです。

そこで今回はそんな甘いタルト生地、シュクレの作り方を紹介。

パート・シュクレ(甘いタルト生地):レシピ

無塩バター           150g
粉糖(なければグラニュー糖)    95g
全卵               1個
アーモンドプードル(パウダー)   40g
薄力粉             250g
(アーモンドプードルがなければ薄力粉を290gに)

事前に準備しておくこと
バターは室温に戻して柔らかくしておくこと
アーモンドP、薄力粉はふるっておくこと

バターをポマード状にし、粉糖を混ぜる

室温に戻したバターをボウルに入れ、ホイッパーで混ぜてポマード状にする。
写真はバターが十分に柔らかくなってない・・・。

このときバターは室温に戻して、十分に柔らかくしておく必要がある。
柔らかくなってなければ、柔らかくなるまで待とう。

粉糖を加えて混ぜる。
写真はグラニュー糖。

シュクレは水分が少ないので、グラニュー糖だと溶けにくい。なので、粉糖のほうがいい。
グラニュー糖を使用するときは、良く混ぜて溶かすようにしよう。

写真では木べらでやってますが、バターが十分に柔らかくなってるなら、ホイッパー使ったほうが簡単。

卵を混ぜる

卵を少しずつ加え、バターと良く混ざるように、しっかりと混ぜる。

バターが十分に柔らかくないと、卵と混ざらないので注意しよう。

粉を入れて混ぜる

粉を加えたら、ざっくりと混ぜる。

ここで練り混ぜたりすると、グルテンが多く出て焼き縮みする原因になる。
また時間をかけると手の温度でバターが溶けてしまうので、手早く行う。

混ざったらラップに包んで、冷蔵庫で一日ほど寝かせる。

生地を伸ばす

冷蔵庫で寝かした生地は硬くなっているので、軽く練って柔らかくする。
練る時は台に打ち粉をする。

柔らかさの目安は、伸ばしやすい固さに。

綿棒で厚さ3~4mmほどに伸ばす。
伸ばすときは少し伸ばしたら、向きを90度変えて伸ばすを繰り返す。

柔らかさが足りないと、途中でひび割れる原因になる。まあ見てわかると思うが・・・。

型よりも大きくなるように伸ばす。

型に敷く

隙間がないように、型に敷く。

底面と側面の角に指を押し当てて、すき間がないようにしよう。

型からはみ出した生地を、麺棒やナイフで切る。

型の縁よりも生地を5ミリほど上げて、ふちに掛かるようにしておく。
こうすることで焼き縮みが少なくなる。

冷蔵庫で休ませてから焼く

型に生地を敷いたら、冷蔵庫で30分ほど休ませる。
冷蔵庫から出す前に、オーブンを180度に予熱しておきましょう。

クレームダマンドを入れずに焼く場合は、フォークで穴をあけてから焼く。

クッキングシートを敷いてタルトストーンを乗せ、180℃のオーブンで10分ほど焼く。
その後、タルトストーンを取ってさらに5分ほど焼く。

うちにはタルトストーンがないので、タルトストーンを乗せないで15分ほど焼いている。

中に流し込むものが液体の場合には、卵黄を塗って軽くオーブンに入れて乾かす。

クレーム・ダマンドの作り方はこちら。

チーズタルトの作り方はこちら。

夏より冬のほうが作りやすい

気温が高いと生地を伸ばすときに柔らかくなりすぎて、やりにくいことがある。

そのため夏よりは冬のほうが、伸ばすときは楽。

だけで最初にバターを常温に戻すときは、やはり夏のほうが楽である。

そんなこともあるので、シュクレを作るときは時期を考えるとやりやすい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました