余った卵白を利用してフィナンシェを作ろう 焦がしバターを作れば後は簡単

レシピ

お菓子作りをして卵白が余ってこまっていませんか?

カスタードクリームティラミスなどを作ると、どうしても卵白が余ってしまう。

余った卵白はみそ汁などに入れて使えばいいですが、どうせならお菓子作りに使ってみてはどうでしょうか?

そこで今回は余った卵白の使い道として、フィナンシェの作り方を紹介。

フィナンシェ:レシピ(パウンド型)

材料分量
卵白130g
グラニュー糖120g
アーモンドプードル(パウダー)50g
1つまみ
薄力粉50g
無塩バター100g

準備しておくこと
アーモンドPはふるっておく。
薄力粉はふるっておく。
型にクッキングシートを敷いておく。
オーブンを180℃に予熱しておく。

使う道具

  • フライパン
  • ボウル
  • ホイッパー
  • パウンド型

詳しくはこちらの記事

焦がしバターを作る

焦がしバター

焦がしバターを作ります。

バターをフライパンに入れ、最初は強火で沸騰するまで熱を加える。

その際に泡がぶわーっと出てくるけど、そのまま加熱しましょう。

沸いたら弱火にして、スプーンですくった時に茶色の粒ができるまで火にかける。

熱の加え過ぎは焦がす原因になるので注意。

良い色になったら余熱で焦げないように、ボウルに氷水を張ってフライパンの底を冷やしましょう。

卵白にグラニュー糖を加えて混ぜる

卵白を白っぽくなるまですり混ぜる

ボウルに卵白、グラニュー糖を入れて、白っぽくなるまで混ぜる。

メレンゲを作るわけではないので、ホイッパーで混ぜるだけで十分。

この時、グラニュー糖が全部溶けるようにすり混ぜましょう。

アーモンドプードルと塩を加える

白っぽくなった卵白にアーモンドプードルを加える

アーモンドPと塩を加えたら、よく混ぜる。

今回は分量が少ないからいいですが、これの10倍くらいの量で作る場合は2回にわけて加えましょう。

薄力粉を加える

薄力粉を加えて混ぜる

薄力粉を加えて混ぜる。

薄力粉を混ぜる時は、混ぜすぎに注意。粉気がなくなる位で十分。

焦がしバターを加える

焦がしバターを加えて混ぜる

最後に焦がしバターを加えて混ぜる。

生地とバターが良くなじむように混ぜる。

でも前の工程で薄力粉を加えているので、混ぜすぎないように注意したい。

180℃で10分、170℃に下げて35分焼く

パウンド型に流して焼く

型に流して、オーブンで180℃10分→170℃で35分焼く。

焼き上がったフィナンシェ

焼きあがったら中心に竹串を刺して、ドロッとした生地が付いてこないことを確認しよう。

焦がしバターができれば簡単に作れる

フィナンシェは焦がしバーを作れば、あとの工程は混ぜるだけ。

なので焦がしバターを作れれば、簡単にできる。

あと卵白が余ってすぐに使わない場合は、冷凍して保存しておくこともできます。

フィナンシェを作ろうとして、アーモンドPがなくて卵白の処分に困ったら冷凍しておきましょう。

そして改めてアーモンドPを買ったら、作り始めるようにすればいい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました