マスカルポーネの代わりに普通のクリームチーズを使ったティラミスの作り方

お菓子

ティラミスを作るときにはマスカルポーネを使うことが一般的ですが、少々値段がお高いですよね。

マスカルポーネはクリームチーズの一種であるので、普通のクリームチーズでも代用することが可能です。

そこで今回は、マスカルポーネの代わりに、クリームチーズを利用したティラミスの作り方の紹介です。

ティラミス・レシピ(25×20cmくらいのタッパー+α)

材料分量
卵黄5個分
グラニュー糖90g
マスカルポーネ
(クリームチーズ)
250g
マルサラ・ドルチェ
(ないならなくてOK)
70g
ゼラチン7g
30g
生クリーム350g
ジェノワーズ適量
200g
ネスカフェコーヒー20g
砂糖50g

事前に準備しておくこと

  • マスカルポーネ(クリームチーズ)はレンジにかけて柔らかくしておくこと。
  • ゼラチンは水に入れふやかしておくこと。
  • 生クリームは七分立てにしておくこと。
  • ジェノワーズを今回は四等分に横にスライスしておくこと。

使う道具

また、ジェノワーズ(スポンジケーキ)の作り方はこちらの記事で紹介しています。
ジェノワーズは分量を卵4個・グラニュ120g・薄力120g・バター25g・牛乳35gで、25×18×3-5cm位のバットで作ると使いやすいです(個人的に)。

コーヒーシロップを作り、ジェノワーズに染みこませます

水とコーヒーと砂糖を小鍋に入れて軽く沸かし、コーヒーシロップを作ります。

バットで作ったジェノワーズを横に4等分にスライスして、1枚ををタッパーに敷きましょう。

そしたら、シロップを全体に十分に塗って染みこませておきます。

卵黄をブランシール(白く持ったりするまで泡立てる)しましょう

卵黄とグラニュー糖をボウルに入れ、ホイッパーで白っぽくなるまで混ぜます(ブランシール)。

この時、できるのであればボウルの底を火に当てて加熱して、70℃くらいまでにすると衛生的に安全です。

しかし加熱不足だと逆に菌が繁殖しやすくなり、加熱しすぎると固まってしまいます。

自信がなければ火にかけるのはやめておきましょう。

レンジで柔らかくしたチーズを加えて混ぜます

レンジにかけて柔らかくしたチーズを加えて、全体的に滑らかになるまで混ぜます。

全体的に滑らかになったら、マルサラ・ドルチェを加えて混ぜる(なければいれなくても問題ない)。

溶かしたゼラチンを加えて混ぜます

水にふやかしたゼラチンを溶かして、加えてよく混ぜます。

七分立ての生クリームを加えてまぜます

七分立ての生クリームを加えて、ホイッパーでよく混ぜます。

生クリームが冷たいためゼラチンがすぐに固まってくるので、素早く行うのがポイントです。

出来た記事をスポンジを敷いたタッパーに流し入れていきます

よく混ざったら、ジェノワーズを敷いたタッパーの半分くらいまで流し込みます。

写真のジェノワーズは丸型で作ってるから、うまく敷けてませんが気にしないでください。


残りのジェノワーズを敷きシロップを塗り、残りを生地を流します。

シロップ塗る時にもたもたしてると、流す前に生地が固まるから注意しましょう。

冷やして盛り付けたりして完成です

あとはタッパーや器に入れ終わったら冷蔵庫で冷やし、食べるときに皿に盛りつけてからココアを振って完成です。

作り方の動画もあるので、映像で確認したい人はこちらを参考にしてください。

マスカルポーネがない時のティラミスの作り方

盛り付けるときはディッシャーで盛ったり、スプーンでクネル型にして盛り付けるとおしゃれにできます。

クネル型にするには、固さがちょっと足りないけど挑戦してみよう。

クネル型で盛り付ける方法はこちらの記事で紹介しているので、参考にどうぞ。

ゼラチンを使う場合は手早さが重要です

今回のティラミスのように、ある程度の固さがあってゼラチンを使う場合は、手早さが重要になります。

パンナコッタなどを作る場合は、ゼラチンが使われていても液体が熱い状態で、器に入れて冷やせばいいので問題ありません。

しかし、ティラミスはスポンジを敷いてシロップを塗りそこに生地を流し込む、それをもう一回繰り返すという手順があります。

ゼラチンを加えて生クリームを混ぜたら、あとは時間との勝負ですよ。

そのためティラミスを作るときは、効率よく作業できるようにしておくことが大事ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました