ジェノワーズ(共立て法のスポンジケーキ)の作り方・レシピ!失敗しない5つのポイントを紹介します

お菓子

ジェノワーズ(共立て法のスポンジケーキ)を作るときに失敗しないようにするには、5つのポイントを押さえることでOKです。

ジェノワーズ作りで押さえておくべきポイントは次の5つ。

  • 卵を温めてから泡立てること
  • 白くもったりし、跡がしばらくの間残る位まで泡立てること
  • 粉を混ぜる時はなるべく気泡をつぶさないようにすること
  • 牛乳とバターは溶かして、生地を少し入れてから混ぜること
  • それを生地に合わせる時は、なるべく気泡をつぶさないように混ぜること

これらのポイントを押さえて、ジェノワーズ(共立て法のスポンジケーキ)を失敗しないで作っていきましょう。

ジェノワーズ(共立て法のスポンジケーキ):レシピ(丸型18㎝)

材料分量
全卵3個
グラニュー糖90g
薄力粉80g
無塩バター20g
牛乳30g

ジェノワーズショコラを作るときは、薄力粉とピュアココアも使用します。
その際は油分が増えるので、バターの量を少し減らす必要があります。
ピュアココアは、普通に作る際の薄力粉の15~20%の量を目安に、置き換えましょう 。

事前にしておくこと

  • 型にクッキングシートを張り付けておくこと。
  • 粉類はふるっておくこと。
  • バターと牛乳は同じ小鍋かボウルに入れておくこと。
  • オーブンは160℃に予熱しておくこと。

使う道具

  • ボウル
  • 粉ふるい
  • ハンドミキサー
  • ゴムベラ

ジェノワーズ(スポンジケーキ)は手順通りに作っていけば、失敗しないで作ることができます。

ジェノワーズ(スポンジケーキ)作りの流れをしっかりと理解して、ちゃんと膨らんだものを作っていきましょう。

卵を湯煎にかけて40℃くらいまで温めもったりするまで泡立てます

ボウルに卵を入れ良く混ぜ、グラニュー糖を入れてすぐに混ぜます。

泡立てる時は、ハンドミキサーを使うと便利ですよ。

ホイッパー(手動)で泡立てをすると、そのあと腕がすっごくだるくなるから注意しましょうね。

ホイッパーとハンドミキサーについてのはこちらの記事で解説しています。


卵とグラニュー糖を湯銭にかけながら混ぜ、お風呂の温度くらいまで温めます。

これは卵を温めると泡立てやすくなるためであり、絶対に湯煎にかけて泡立てるようにしましょう。

また、卵を温めると泡立てやすいだけじゃなく、オーブンに入れて焼いたときに中心まで熱が伝わりやすくなります。

卵がお風呂の温度ほどに温まったら、湯銭から外しさらに泡立てます。

ここで、バターと牛乳を入れた小鍋を湯銭に掛けると、効率がいいですよ。


卵を泡立てていると、白くもったりとしてきます。

生地をすくい上げた時にゆったり落ちて、その跡が少しの間残るくらいの固さまで泡立てましょう。

ここでしっかりと泡立てないとふくらみが悪くなるため、必ず跡がしばらく残るまでするのが大事です。

より効率よく泡立てたい場合は、スタンドミキサーを使うのも選択肢の一つですね。

スタンドミキサーについてはこちらの記事で説明しているので、興味があればご確認ください。

泡立てたときの固さと粉の混ぜ方の動画もあるので、画像では分かりづらい場合にはこちらも参考にしてください。

ジェノワーズ(スポンジケーキ)を作るときの粉の混ぜ方

生地に薄力粉を混ぜます

卵を泡立て終わったら薄力粉を加えていきますが、一人で行うときは注意が必要です。

薄力粉を少量ずつ全体に散らしながら混ぜるのが理想ですが、一人で行う場合は数回に分けて薄力粉をまぜるようにします(二人でやるなら一人が粉を投入しながら、もう一人が混ぜる)。

生地に薄力粉を合わせる時は混ぜ方が重要で、気泡をなるべくつぶさないように混ぜることが大切です。

右利きであれば左手でボウルを手前に回しながら、右手のゴムベラで底からすくい上げるように混ぜます。

イメージとしては、ゴムベラは縦に円を描くように動かす感じです。


ゴムベラを奥の方にセットします。


底の方から手前の方に動かします。


手前にきたらまた奥の方に戻して同じ動作の繰り返し。


これを繰り返しある程度粉っぽさが消えたら、残りの薄力粉を加えて同じように粉っぽさが消えるまで混ぜます。

生地に粉っぽさがあると焼いた時にダマになるので、ダマが残らないように気を付けなければいけません。

生地に牛乳とバターを加えて混ぜる

小鍋に入れた牛乳とバターが溶けて良く混ざったら、熱いうちに一すくいの生地を入れてよく混ぜます。

これは、牛乳とバターが溶けたものは液体でありそのまま生地に入れると混ざりにくいため、先に生地を少し入れて混ざりやすい状態にするためです。

こうすることで濃度を近づけることができ、生地に混ぜたときに混ざりやすくなりますよ。


生地に加える時は、薄力粉を加えたときのように気泡をつぶさないようにしましょう。

生地に良く混ざると、全体的にツヤが出てきます。

このくらいになるまで全体になじませると、焼き上がりにバターが分離してべっちゃりとすることがありません。

これで、ジェノワーズ(スポンジケーキ)の生地は完成なので、いよいよ焼いていきます。

160℃のオーブンで約26分焼く

クッキングシートを張り付けた型に、完成したジェノワーズ(スポンジケーキ)の生地を流し入れます。

ジェノワーズ(スポンジケーキ)の生地を入れ終わったら、型を10㎝位の高さから台にたたきつけて生地内の余分な大きな気泡を抜きます。


160℃のオーブンで約26分焼きます。

焼き終わったら焼く前と同じように、台に型を軽く叩きつけて中の空気を抜きます。

その後は、網の上に逆さまにして型を外し、冷めてからクッキングシートを外しましょう。


これでジェノワーズ(スポンジケーキ)は焼き終わりになります。

画像ではなく動画でも一連の流れを説明してるので、文章と画像で説明されるのが苦手な人は、こちらで確認しておくとわかりやすいですよ。

ポイントを押さえて失敗しないスポンジケーキの作り方

ジェノワーズ(スポンジケーキ)の作り方:まとめ

はじめてジェノワーズ(スポンジケーキ)を作るのであれば、生地のふくらみが悪かったり部分的に油っぽかったりするなど、うまくいかないことも多いです。

でも初めて作るのであれば、それはうまくいかなくても問題ありませんよ。

むしろ初めからうまくいって、それで満足しちゃう方がだめです。

うまくいかなければ原因を考えて次に活かすことができるし、成長することができます。

うまくいかないなら何度も作って、注意点や作業工程に慣れていきましょう。

その際には、ポイントをしっかりと押さえておくのが大事ですよ。

また、馴染みのあるスポンジケーキですが、作り方はいくつかあります。

大別すると次の二種類です。

  • 全卵を泡立てる共立て法のパータ・ジェノワーズ
  • 黄身と白身を分けて泡立てる別立て法のパータ・ビスキュイ

ビスキュイはジェノワーズとはまた違った食感のスポンジなので、こちらの作り方も確認しておきましょう。

また、生クリームなどを塗っていくわけですが、塗り方はこちらの記事で紹介しているので参考にどうぞ確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました